韓国のニュースサイト 速報

韓国ニュースサイトの翻訳紹介!

タグ:韓国

進化する日本商品不買運動... 育児・ホビー用品も「ノー・ジャパン」




不買長期化し、代替商品として目回し... ショッピングモールで日商品検索頻度」取引」

(ソウル=聯合ニュース)イシンヨウン記者=一ヶ月以上続く日本の商品の不買運動がますます進化している。

日本のビールとユニクロなど日本のアパレルブランドで始まった不買運動は、現在育児用品と趣味用品にまで半径を広げた。

消費者は、ソーシャルネットワークサービス(SNS)を介して集合知として不買対象製品をアップデートするかすれば、バーコードで日本製品を確認する方法なども共有して不買運動を続けている。

11日SSGドットコムによると、7月1日から8月8日まで君、メリーズのような代表的な日本のブランドのおむつの売上高が前月同期比12%、前年比15%減少した。

一方、日本製品の不買運動サイト「ノノ・ジャパン」で、日本のおむつの代替品として推奨しているハギスは前月比44%、前年比は73.6%も売り上げが増えた。

国産ブランドボソムイ売り上げも前月比16%、前年比3%増加した。

11番街でも、先月7日から今月6日までの1カ月間、日本ブランドの群おむつ取引額が前月の同期間より33%、前年同期より48%減少した。

おむつのような育児用品の場合、一度赤ちゃんに合ったブランドを選べば、他の製品に乗り換えないのが一般的だが、不買運動が長期化し、代替商品を求める消費者が増えていると見られる。

ゲーム機やゴルフ用品などの趣味用品も「ノー・ジャパン」熱風を避けできなかった。

11番街では、7月7日〜8月6日、任天堂ゲーム機バリュエーションが前月比30%落ち、SSGドットコムでは、7月1日〜8月8日本間とゼクシオなど代表的な日本ゴルフブランドの売上高が前月同期比12%減少した。

オリーブヤングでも今月1〜5日、キスミー、原ダボのような化粧品ブランドと足の裏のパッチヒュジョク時間など日本ブランド製品の売上高が前月同期比8%程度減少した。

ショッピングモール検索ウィンドウで日本製品を検索見る頻度も大幅に減っている。

一般的に、インターネットショッピングモールで買い物をするときに、検索ウィンドウに製品名を入力して商品を検索する場合が多いことを考慮すると、検索頻度が減ったということは、それだけその製品の購買意欲が減ったと見ることができる。

11番街で、7月一ヶ月間ユニクロを検索した回数は、6月に比べ45%減少し、日本の化粧品ブランドであるウルオスを検索した回数も43%減少した。

ブドウの形に独特の食感に、YouTubeを中心に人気を集め、品切れ事態までもたらしたキョホゼリーは50%、手洗浄剤子供きれいは46%、衣類ブランドデサントは34%検索が減少した。

日本の旅行の際に必要な購入品に選ばれたりもしたコインパース(-19%)と筆記具ブランドジェットストリーム(-23%)、育児用品ブランドであるリッチェル(-19%)とコンビ(-24%)なども検索数が一斉に減少した。

SNS上で製品のバーコードなどで日本製品を区別する方法が急速に普及するのはもちろん不買運動関連商品も続々と登場している。

11番街では、9日の時点で「NO JAPAN」と書かれたステッカーやTシャツなど不買運動関連商品が70個以上販売されている。


人気ブログランキングへ

エムズビバレッジ売上減少に従業員対象の説明会開く

「これまで経験したことができなかった売上高の低下を経験しています。今無給休暇を提案したが(長期化すると)以降どうなるか分かりません。」 

8日、日本のビール札幌と恵比寿の国内流通する主流卸売業者エムズビバレッジの関係者の声は重かった。日本製品不買運動直撃を受けた同社は前日、従業員64人を対象に、週1日無給休暇を提案した。 

7月第2週から落ち始めた売上をよりは余裕がないという判断からだ。エムズビバレッジは、2011年に設立された。毎日乳業持株会社である毎日ホールディングスが株式85%を、日本企業札幌ブリューワーリースが15%を持っている。昨年の売上高は419億ウォン、営業利益は32億ウォン程度だ。 



エムズビバレッジ無給休暇の実施状況は、次の週決定される。
この会社の関係者は、「従業員の雇用の保護に最善を尽くしますが、私たちがすぐにできるとは思わない当惑」と話した。事態が長期化する場合、事業を整理しなければならないこともあると思われる。 


「ボイコットジャパン」に輸入ビールの半分以上が流通しているコンビニで、日本のビールの売上高は急落した。前年同期比50%近く下落し追加発注は皆無である。コンビニ3社「1万ウォン4缶」割引行事でも、日本のビールを除外した。エムズウェーバーリーズにも追加発注がほとんどない。 

国民情緒上、独自のプロモーションやマーケティングも、現在では不可能である。先月毎日ホールディングス系列中華クリスタルジェイド役員が「エムズビバレッジ難しいからスタッフモールでサッポロビールを注文してください」は、eメールを従業員に送ったがひどい霜を迎えた。この役員はすぐに謝罪して懲戒手続きを踏んでいることが分かった。 

人気ブログランキングへ



 日一部の輸出許可の動きにも... 「今の措置だけですべてのイロプジない"強攻
産業体質改善ドライブ続いている... 短期対策超え根本解決策模索



"言い訳をどのようにバクドゥン、日本の措置は、私たちの最高裁判所の強制徴用判決の経済報復です。" 

ムン・ジェイン大統領は8日、日本の対(對)韓国の輸出規制をもう一度「報復」と規定して不当な措置を撤回することを重ねて圧迫した。

同日、大統領府で緊急招集した国民経済諮問会議の冒頭発言を通じてだ。

日本が少しでも攻勢を「トーンダウン」することはないかという観測が一部で出ている時点であるが、このような流れにもドア大統領が対日強攻基調を維持した点が目を引く。

日本は前日「白国家」(ホワイトリスト)を除く実施細則を発表し、既存の3つの項目以外の規制項目を指定していないのに続いて、輸出規制の対象の3つの重要な素材品目のうちフォトレジストの韓国の輸出の申請1件を許可した。

これ業界では多少息抜きがトゥイヌンはないかという期待感も流れた。

しかし、日本の戦略的速度調節やかく乱作戦であるという懸念も同時に提起される状況である。

ドア大統領は「日本がこの事態をどこまで引っ張っていくかは、もう少し見守らなければならない」とし余地を置くようにしながらも、「今までした措置だけで両国の経済と両国国民にイロプジない。自由貿易秩序と国際分業構造の信頼を打破する措置として、全世界でも懸念を示している」と角を立てた。

今のところ、今回の事態の根本的責任が日本にあるという点と、これにより、世界経済が被害を見ることができる点を確実にすることが、日本を外交的解決の場に引き出す近道だと判断したわけだ。

ドア大統領が日本自らも打撃を塗ら「ブーメラン」になることを着実に強調することも同じ脈絡とみられる。

ドア大統領は「日本が一方的な貿易報復措置として得る利益が何であるか分からない。たとえ利益があっても、一時的なものに過ぎず、結局は日本自身を含めたすべての犠牲者になるの勝者ないゲーム」と強調した。

自国企業の被害を減らすためにも、早く不当な措置を撤回し、外交的解決の場として出て行けはメッセージとして解釈される。

ドア大統領はこれとは別にに対日交易依存度を減らし、国内産業の競争力を強化するなど、韓国経済全般にわたる体質改善努力を強調した。

ドア大統領は、「我々は、今回の事態を介して冷静に、私たちの経済を見て回って、私たちの経済の体質や産業生態系を改善し、新たに跳躍する契機にしてなければならない」と注文した。

単に短期の日本の輸出規制対策を見つけるためにのみ埋没されてはならず、今回の事態を踏み台に体質改善などを通じて経済大国に生まれ変わらなければならないというのがドア大統領の考えだ。

前日部品専門の中小企業SBBテックを訪問し、江蘇省の企業育成、大・中小企業相生、政府の技術開発フル・サポートなどを強調したことも、このような長期的な処方の重要性を浮き彫りにして歩みに解釈される。

人気ブログランキングへ

※文在寅大統領が北朝鮮制裁違反に関与していると国連からの警告、韓国では大きく報じられています。

国連安保理が掲載した北朝鮮の制裁違反指摘写真に韓国、文在寅大統領の姿も、韓国政府は削除申請するも安保理はこれを拒否 

[国連制裁レポート] 
国連「北制裁違反の贅沢車」レポートに文大統領の平壌の写真載って


国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁委員会は12日(現地時間)に発表した年次報告書に「制裁違反」の事例< 写真 >にムン・ジェイン大統領が昨年9月、平壌で金正恩国務委員長と一緒にメルセデスベンツリムジン車両に搭乗した写真を掲載した。「不良国家」北朝鮮の制裁違反を告発する国連公式文書に韓国大統領の顔が載ったのは前例がないことである。南北経済協力を無理に推進しようとする韓国政府の「速度調節をせよ」という一種の警告メッセージとの観測が出ている。

国連制裁違反のレポートに掲載された「平壌カーパレード」写真国連の対北制裁委員会が13日、公開した専門家パネルの年次報告書に掲載された写真。国連の対北制裁位はムン・ジェイン大統領が昨年9月18日に訪朝当時、キム・ジョンウン、北朝鮮国務委員長と一緒に搭乗したベンツリムジン車を北朝鮮の制裁違反のいずれか指定した。国連の対北制裁位は、レポートの作成のために、大統領府警護処に該当車両の年式や仕様などを問い合わせたことが分かった。政府は、国連の報告書では、この写真を抜くために外交的努力を傾けたが、最終的に失敗したことが分かった。

韓国政府は、今年の初め、そのレポートのドラフトが作成された時点ドア大統領の写真が入るという情報を入手し、これを防ぐために総力外交戦を繰り広げたことが分かった。政府消息筋は「韓国政府が複数のチャネルを介して制裁位側にドア大統領がベンツに乗っ写真を抜いたりベンツ車のモデルの写真だけを掲載することを要請したが、最終的になされなかった」と述べた。

元国連駐在の外交官は、「制裁レポートに対北朝鮮事業を国内の親北企業がタイムリーされたことはあったが、韓国の大統領の写真が入ったのは初めて見る」とし「国家的にかなり評判が悪いことだ」とした。別の元外交官は「制裁委が問題視したのは、キム・ジョンウンのベンツが、ドア大統領がそのベンツに乗っ写真レポートに載せたので、ややもすると、国際社会への扉大統領が制裁違反の共犯として映ることができる」とした。元国家情報院幹部は「制裁委があえてドア大統領の写真を載せたのはドア大統領が問題のベンツが制裁違反品目であることを知りながら、これを無視して乗って、迂回的に「道義的責任」を問うための意図であることができる」とした。

制裁委は報告書で、ベンツとロールスロイスファントム・レクサス車の制裁違反贅沢とし、別の項目に分類して詳細に説明した。また、ドア大統領が昨年9月18日に平壌で金正恩とベンツに乗ってカーパレードの写真と一緒に、そのベンツが昨年3月と6月に北京でそれぞれ運行された写真2枚を並べ載せた。制裁委はこの写真に「(北朝鮮が)不法に取得した、プレートのないメルセデスベンツリムジンの姿"

制裁のパネルは、ドア大統領が搭乗したベンツ車の情報を識別するために「大韓民国大統領府警護処(the Presidential Security Service of the Republic of Korea)」にお問い合わせしたという内容もレポートに入れた。外交消息筋は「制裁、上記の問題をベンツがどのように国連制裁網を避け、北朝鮮当局の手に入ったを追跡する目的で、車両の年式や固有番号などについてのお問い合わせした」と述べた。当時、この車両の助手席にはチュ・ヨンフン、大統領府警護室長が座っていた。これ制裁委が大統領警護の目的では、メルセデス車の情報を事前に把握したことがある青瓦台警護処に調査協力を要請したというものである。大統領府は「そのような質を受けたことがない」とした。

レポートには、また、ドア大統領が昨年9月にキム・ジョンウンと白頭山天地を訪問したときに利用したレクサスLX 570の車両も制裁違反項目として指定した。米朝首脳会談決裂後も制裁緩和の必要性を継続的に主張している、私たちの政府に向かって、国連レベルで警告メッセージを出したことはないかという観測が出ている。

今回の報告書は、北朝鮮制裁違反の疑いで韓国メーカーも指摘された。韓国メーカーE社、北朝鮮の石炭輸出に関与した疑いで調査された。大邱地検が昨年12月、北朝鮮産の石炭を国内に不法に持ち込んだ疑いで、石炭の輸入業者A氏をはじめ9人(5個法人を含む)を起訴した内容もレポートに反映された。

※韓国ではマスクなしで外出できるか否かのレベルまで大気汚染が深刻の様です。


 土曜日、全国ほとんど微細粉塵「普通」...日曜日には「雨」の予報

半月以上全国を空襲した微細粉塵が週末にはちょっと歩くヒルカ。


8日、国立環境科学院によると、土曜日の9日は全国のほとんどの地域で微細粉塵が「普通」の水準を回復するが、世宗と忠北地域はまだ「低い」レベルを見せる。日曜日には、南海を通る低気圧の影響で、全国の大気循環が円滑に全国の微細粉塵濃度は「普通」のステップを示す見通しだ。 

国立環境科学院の関係者は、「土曜日の場合、ほとんどの地域では、微細粉塵は、通常レベルだが待機渋滞に国内で作られた微細粉塵が蓄積されているいくつかの中部内陸地域は濃度が高く表示されるだろう」と述べた。


気象庁によると、土曜日は高気圧の端に入るが南西から今後の気圧の谷の影響で、全国が徐々にぼやけながら済州島は午後3時、全羅南道は午後6時から雨が降っう。日曜日の10日には済州島と南海岸地域は突風と雷、稲妻を伴った雨が続い降りなくて徐々に全国に拡大され始め、ソウルをはじめとする首都圏と江原道は午後12時から雨が織田が徐々にとどまると予想される。今回の雨で、これまでの空気の中にある微細粉塵が洗われる「洗浄」効果も期待することができるものと思われる。

9日、全国の朝の最低気温は前日より2〜4度ほど低くなり、平年(氷点下4度〜映像3度)とほぼ同じ水準のマイナス5度〜映像8度分布を見せる。日中の最高気温は10〜19度分布で内陸を中心に日較差が10度で最大15度まで現れると示し健康に特別の注意を払う必要がない。地域別9日昼の最高気温は、ソウル、春川13度、大田、釜山16度、光州、大邱、済州17度、江陵18度などである。

このような暖かい天候は来週まで続くと見せ、再び高濃度微粒子現象が表示されないか懸念されている。しかしながら、来週の木曜日の14日午後、全国的な雨の予報されており、微細粉塵の洗浄効果を期待することができるものと思われる。

↑このページのトップヘ