韓国のニュースサイト 速報

韓国ニュースサイトの翻訳紹介!

タグ:国連安保理

※この事件は韓国でも大きく報じられています
レーダーを照射した理由ではないか!?と言われています。



日本外務省が今月初めに公海上で北朝鮮の船舶が不法な積み替え(換積)をしたと思われる現場を確認したと28日明らかにした。

外務省はこの日、ホームページに、2日、東シナ海の公海上で北朝鮮出荷タンカーと出荷を知ることができない小型船舶が並んで近接を海上自衛隊補給艦が確認したとし関連写真も掲載した。外務省は「二船舶が夜間に照明を明らかにしてホースを接続したという点で、苗の作業をした可能性がある」とし「政府が総合判断した結果、国連安全保障理事会決議で禁止されて積み替えをしていたものと強く疑われる」と説明した。

外務省は今回の事案を国連安保理の対北制裁委員会に通知し、関係国との情報を共有したした。当該船舶は2016年3月に国連安全保障理事会によって資産凍結の対象とされた船舶と外務省は説明した。



日本は北朝鮮の不法海上貿易摘発に最も先駆けている国の一つだ。去る1月にも北朝鮮の船舶鞍山1号が出荷不明の小型船舶と互いに側面をあてて貨物を運んで乗せる場面を公開した。これ北朝鮮は当時、朝鮮中央通信論評を通じて「地域情勢の流れで押し出された者たちのはらわた野生払拭ます。大勢の外面と、自分の道を台無しにされることを、日本ははっきり知っておくべきだ」と日本を強く非難した。

日本の対北圧迫は、基本的に、北朝鮮の非核化の目標を達成するための米国の対北朝鮮制裁に歩調を合わせるためのものと解釈される。

一方では、北・日の会話を引き出すための戦略的な動きとの観測もある。安倍晋三(安倍晋三)首相は1月の国会施政演説で「相互不信の殻を破り、キム・ジョンウン、北朝鮮国務委員長と直接向き合って、あらゆる機会を逃さずに全か無かを持って行動する」と述べている。日本政府の長年の課題であり、過去の北・日会話のきっかけになったりしていた「日本人拉致」問題の解決に本格的に乗り出す意味に解釈された。したがって、一度制裁手綱を罪つつ、今後北朝鮮との外交空間があれば、制裁緩和カードを対北交渉のテコにするというのが日本政府の構想であると思われる。

※文在寅大統領が北朝鮮制裁違反に関与していると国連からの警告、韓国では大きく報じられています。

国連安保理が掲載した北朝鮮の制裁違反指摘写真に韓国、文在寅大統領の姿も、韓国政府は削除申請するも安保理はこれを拒否 

[国連制裁レポート] 
国連「北制裁違反の贅沢車」レポートに文大統領の平壌の写真載って


国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁委員会は12日(現地時間)に発表した年次報告書に「制裁違反」の事例< 写真 >にムン・ジェイン大統領が昨年9月、平壌で金正恩国務委員長と一緒にメルセデスベンツリムジン車両に搭乗した写真を掲載した。「不良国家」北朝鮮の制裁違反を告発する国連公式文書に韓国大統領の顔が載ったのは前例がないことである。南北経済協力を無理に推進しようとする韓国政府の「速度調節をせよ」という一種の警告メッセージとの観測が出ている。

国連制裁違反のレポートに掲載された「平壌カーパレード」写真国連の対北制裁委員会が13日、公開した専門家パネルの年次報告書に掲載された写真。国連の対北制裁位はムン・ジェイン大統領が昨年9月18日に訪朝当時、キム・ジョンウン、北朝鮮国務委員長と一緒に搭乗したベンツリムジン車を北朝鮮の制裁違反のいずれか指定した。国連の対北制裁位は、レポートの作成のために、大統領府警護処に該当車両の年式や仕様などを問い合わせたことが分かった。政府は、国連の報告書では、この写真を抜くために外交的努力を傾けたが、最終的に失敗したことが分かった。

韓国政府は、今年の初め、そのレポートのドラフトが作成された時点ドア大統領の写真が入るという情報を入手し、これを防ぐために総力外交戦を繰り広げたことが分かった。政府消息筋は「韓国政府が複数のチャネルを介して制裁位側にドア大統領がベンツに乗っ写真を抜いたりベンツ車のモデルの写真だけを掲載することを要請したが、最終的になされなかった」と述べた。

元国連駐在の外交官は、「制裁レポートに対北朝鮮事業を国内の親北企業がタイムリーされたことはあったが、韓国の大統領の写真が入ったのは初めて見る」とし「国家的にかなり評判が悪いことだ」とした。別の元外交官は「制裁委が問題視したのは、キム・ジョンウンのベンツが、ドア大統領がそのベンツに乗っ写真レポートに載せたので、ややもすると、国際社会への扉大統領が制裁違反の共犯として映ることができる」とした。元国家情報院幹部は「制裁委があえてドア大統領の写真を載せたのはドア大統領が問題のベンツが制裁違反品目であることを知りながら、これを無視して乗って、迂回的に「道義的責任」を問うための意図であることができる」とした。

制裁委は報告書で、ベンツとロールスロイスファントム・レクサス車の制裁違反贅沢とし、別の項目に分類して詳細に説明した。また、ドア大統領が昨年9月18日に平壌で金正恩とベンツに乗ってカーパレードの写真と一緒に、そのベンツが昨年3月と6月に北京でそれぞれ運行された写真2枚を並べ載せた。制裁委はこの写真に「(北朝鮮が)不法に取得した、プレートのないメルセデスベンツリムジンの姿"

制裁のパネルは、ドア大統領が搭乗したベンツ車の情報を識別するために「大韓民国大統領府警護処(the Presidential Security Service of the Republic of Korea)」にお問い合わせしたという内容もレポートに入れた。外交消息筋は「制裁、上記の問題をベンツがどのように国連制裁網を避け、北朝鮮当局の手に入ったを追跡する目的で、車両の年式や固有番号などについてのお問い合わせした」と述べた。当時、この車両の助手席にはチュ・ヨンフン、大統領府警護室長が座っていた。これ制裁委が大統領警護の目的では、メルセデス車の情報を事前に把握したことがある青瓦台警護処に調査協力を要請したというものである。大統領府は「そのような質を受けたことがない」とした。

レポートには、また、ドア大統領が昨年9月にキム・ジョンウンと白頭山天地を訪問したときに利用したレクサスLX 570の車両も制裁違反項目として指定した。米朝首脳会談決裂後も制裁緩和の必要性を継続的に主張している、私たちの政府に向かって、国連レベルで警告メッセージを出したことはないかという観測が出ている。

今回の報告書は、北朝鮮制裁違反の疑いで韓国メーカーも指摘された。韓国メーカーE社、北朝鮮の石炭輸出に関与した疑いで調査された。大邱地検が昨年12月、北朝鮮産の石炭を国内に不法に持ち込んだ疑いで、石炭の輸入業者A氏をはじめ9人(5個法人を含む)を起訴した内容もレポートに反映された。

↑このページのトップヘ