韓国のニュースサイト 速報

韓国ニュースサイトの翻訳紹介!

タグ:トランプ

トランプ、韓日葛藤に関心ない…北韓、核放棄しない

日韓政府の立場折衝... 安倍「これ以上の謝罪はない」
日、韓ホワイトリスト排除令7日公布... 28日に発効



最終日の記者=政府が先月、日本との水面下の対話で強制徴用に日本が謝罪する賠償要求を放棄する案を提示したが、日本政府は、より以上のリンゴはないという立場を固守したと伝えられる。

13日、外交筋によると、韓日葛藤の出発点とされる昨年10月に強制徴用賠償判決と関連して、日本が強制徴用に謝罪すると、韓国政府が補償を必要としない方法が韓日両国間の水面下のダイアログで議論された。

徴用問題の不法性を認め受けようとする韓国政府と徴用問題はすでに解決されたという、日本の立場を折衷したもの。日本は徴用被害者などに対する補償問題は、1965年の韓日請求権協定締結当時、韓国側に提供された有償・無償経済協力を通じて「すべて解決された」という立場だ。

しかし、安倍晋三首相がこれ以上謝罪はないという立場を固守しているうえ、韓国側が被害者側に賠償放棄を促すことで信じられないので、日本政府は、韓国側の提案を受け入れていないと伝えられる。 

安倍首相は6日請求権協定を取り上げ、「最大の問題は、国家間の約束の遵守、信頼性の問題である。韓国が一方的に国交正常化のベースとなった国際条約を破っている」とし、報復輸出規制は過去の問題のためという認識を示した。

先立って去る6月19日、韓国政府は、「1 + 1」(日本企業と韓国企業の自発的拠出金で財源を造成し、被害者に慰謝料の支払い)の提案をしたが、日本政府は直ちに拒否した。

これと関連し、強制的に徴用被害者の訴訟代理人団と支援団は去る6月、政府の提案に関連して出入口を出し強制徴用問題の解決の議論では、Δ歴史的事実の認識とそれに対する心から謝罪Δ賠償を含む適正な被害回復措置Δ被害者らの追悼と、歴史的教育などを通じた再発防止の努力が含まれなければならないと主張した。

日本は韓国を戦略物資管理友好国リストであるホワイトリスト(白国)で排除する施行令改正案を2日、各の(閣議)で決定し、7日公布した。発酵は28日である。これに先立ち、先月4日には、半導体・ディスプレイ材料3品目の輸出規制を強化したことがある。

人気ブログランキングへ



※米朝会談の話題は韓国でも報じられています。

「私たちは、会談の決裂の可能性も備えた。トランプ大統領が決断を下した。」

マイクポンペイオ米国国務長官が28日(現地時間)期待とは異なり、コンセンサスなく幕を下ろしたドナルド・トランプ、米国大統領とキム・ジョンウン、北朝鮮国務委員長の2次首脳会談に先立ち「交渉決裂」カードも事前に準備した。 ハノイで首脳会談が終わるやいなや、フィリピン訪問のために専用機で移動しながら、記者たちと会っている。 ポンペイオ長官は「北朝鮮のような国は、最高指導者が大きな決定をする場合が多いため、私たちは、今回の会談に大きな決定の中で大勢を取った」と述べた。 彼は「実際には2指導者が一緒にする機会が生じるまではどのようなものを採用するかわからないので、多くの準備作業をした」とし「今回の結果(this outcome)の可能性も準備ができていた」と紹介した。 所望の方向に合意がなされない場合の最後のカードに会談で歩いて出てくることも事前に検討したという意味だ。これは昨年1次北米サミットをわずか20日後に控え、電撃的に会談取消決定を下し主導権を握ったトランプ式交渉術と無関係そうだ。 ポンペイオ長官はしかし、首脳会談2日振ら日午前までの会談の見通しを暗く見るはなかったものと思われる。 




彼は「でも、今朝も希望的だった。私たちは再び出会い、少し離れて進むことができるかをサルピョトゴ実際進展を成し遂げた」とし「しかし、まだそれは遠い道で行うことが多い」と話した。終盤まで北米がお互いの立場の違いを狭めるために努力したが、交渉を妥結するほど進展したができなかったということだ。 

ポンペイオ長官は「最終段階での共同声明に署名を正当化するのに十分な進展をイルギル希望した(結果は)そうでした」とし「大統領がその(協議決裂)決断をした」と述べた。

また、非核化の実務交渉チームは「継続して働いて一晩中働いた。二、三ヶ月間とかすをして道をきれいにした」とし「進歩を成し遂げた、我々が持ってうとしたほどではなかった」と説明した。 ポンペイオ長官はたとえすぐではないしたが、実務交渉を再開する旨を明らかにした。彼は"(北米)双方は、達成しようとするものとの間の十分な一致を見たので会話する理由を見つけるだろう」と述べた。 彼はハノイで首脳会談決裂後の記者会見でも「しかし、私はまだ楽観的」とし「今後数日間、数週間以内に再度会って、問題を解決してほしい」と述べた。 また、「一部の挑戦がどこかも知っている」とし「世界が欲しいもの、北朝鮮の非核化であり、アメリカ人と世界のリスク低減を最終的に達成することができるように進展を成し遂げたものとみなす」と強調した。 

※トランプ キム・ジョンウンの再開のニュースは韓国でも大きく報じられています。


ドナルド・トランプ、米国大統領とキム・ジョンウン、北朝鮮国務委員長は27日午後6時30分(現地時間)、ベトナムハノイソフィテルレジェンドメトロポールホテルで会って第2回目の核交渉の扉を開いた。昨年6月12日にシンガポールセントーサ島で歴史的な最初の北米サミットをしていた両首脳が顔を再び向き合ったのは8ヶ月(260日)ぶりだ。トランプ大統領が乗った専用車はこの日の午後6時15分に最初の会談に到着し、キム・ジョンウン委員長の専用車は、午後6時20分姿を現した。キム・ジョンウン委員長はトランプ大統領と並んで会談に登場し、「これまで以上に多くの悩みと努力と忍耐が必要だった」とし「すべての人が喜ぶ素晴らしい結果が作成されると確信しており、良い会談になるために最善を尽くした」とと述べた。これトランプ大統領はまた、「成功した会談なると信じている」と答えた。また、「北朝鮮は巨大な経済的潜在力を持った」とし「偉大な指導者がいる北朝鮮の未来は明るく開かだろう」と述べた。両首脳は、午後6時40分から20分間同席せず単独会談をする。以降、午後7時から1時間30分の間友情晩餐が予定されている。 



晩餐には、米国側からマイクポンペイオ国務長官とミック遠いベイニホワイトハウス秘書室長代行が、北朝鮮側からキム・ヨンチョル労働党副委員長兼統一戦線部長と利用号外相が同席する。両首脳は会談二日目の28日には、午前早くからメトロポールホテルで単独首脳会談と拡大首脳会談では、昼食を一緒にする。この席で、昨年1次会談で合意した▲完全な非核化▲新しい北米関係の確立▲韓半島の平和体制構築などの具体的な措置などを議論するものと予想される。続いて午後に会談結果を盛り込んだ「ハノイ宣言」に署名した後、一定の仕上げするものと見られる。

※阿部総理とトランプ大統領の関係や動向は韓国でも敏感に報じられています。


 ドナルド・トランプ米国大統領は15日(現地時間)、安倍晋三(安倍晋三)日本の首相がノーベル委員会に自分自身をノーベル平和賞候補に推薦してくれたという事実をびっくり公開した。 
トランプ大統領はこの日、ホワイトハウスで国家非常事態宣言と関連した演説をしていたの2次北米サミットについて言及している途中、「実際には、これを言ってもなると思うんだけど、安倍首相がノーベル平和賞というものを与える人に送った非常に美しい書簡のコピーを私に与えた」と述べた。 

続いて「彼は「私が控え、日本を代表して、あなたを推薦した。ノーベル平和賞をあなたに与えるように、彼らに要請した」と述べた」とし「私は感謝した。他の多くの人もそう感じたのだ。私はおそらく(ノーベル平和賞を)受けできませんが大丈夫」と話した。 

トランプ大統領は「オバマは(ノーベル平和賞を)受けた。彼はなぜ受けたかも知らないだろう。オバマは15秒ほどそこにあるがノーベル平和賞を受けたもの」とオバマ大統領を非難した後、「私はおそらく絶対受けないだろう」としながらも、自分の治績をならべた。 

トランプ大統領は取材陣との問答の過程で、安倍首相の推薦が5枚組と説明した。



それとともに、安倍首相が推薦状を書いた理由について「日本領空に(北朝鮮)のミサイルが合格警報が発令された。(北朝鮮のミサイル実験の中断に)今、突然、彼らは気分が良く安全だと感じている。私はそれをした」と強調した。

昨年10月にノーベル平和賞受賞者選定に先立ち、トランプ大統領が韓半島の平和定着に寄与した功労で受賞をすることができるという見通しが提起されたが受賞の栄誉は、戦争性暴行終息のために献身してきたコンゴ民主共和国の医師デニス・ムクウェゲと、イラクの少数民族はずディジョク女性活動家ナディアミュラドに帰った。

ドナルド・トランプ米大統領が来る27〜28日、ベトナムでキム・ジョンウン、北朝鮮国務委員長と2次北米サミット開催すると発表した。

トランプ大統領は5日(現地時間)新年国政演説を控え主要放送局のアンカーと昼食会を一緒にした席でこのよう述べた米政治専門媒体ポリティコが報じた。

トランプ大統領は2次、北米首脳会談場所などの具体的な内容は、一般教書演説で発表する予定である。 

2回首脳会談に精通した人は、ポリティコに「首脳会談は開催される」とし「トランプ大統領は、今日の夜に発表する」と語った。 

北米の2次首脳会談は、歴史的初の北米サミットが昨年6月12日にシンガポールセントーサ島で開かれたか260日ぶりに開催されるものである。

北米両国首脳が、北米関係正常化と韓半島の平和体制と非核化に関する包括的合意を置いた1次会談の結果を進展させ、具体的で実質的な成果を収めた「ビッグディール」を成し遂げるかが焦眉の関心事となっている。 


トランプ大統領はまた、今月末習近平中国国家主席とも会う予定だと明らかにした。これにより、北米サミットと米中首脳会談が連鎖的に開催される可能性が占われている。 

↑このページのトップヘ