韓国のニュースサイト 速報

韓国ニュースサイトの翻訳紹介!

カテゴリ: 不買運動

進化する日本商品不買運動... 育児・ホビー用品も「ノー・ジャパン」




不買長期化し、代替商品として目回し... ショッピングモールで日商品検索頻度」取引」

(ソウル=聯合ニュース)イシンヨウン記者=一ヶ月以上続く日本の商品の不買運動がますます進化している。

日本のビールとユニクロなど日本のアパレルブランドで始まった不買運動は、現在育児用品と趣味用品にまで半径を広げた。

消費者は、ソーシャルネットワークサービス(SNS)を介して集合知として不買対象製品をアップデートするかすれば、バーコードで日本製品を確認する方法なども共有して不買運動を続けている。

11日SSGドットコムによると、7月1日から8月8日まで君、メリーズのような代表的な日本のブランドのおむつの売上高が前月同期比12%、前年比15%減少した。

一方、日本製品の不買運動サイト「ノノ・ジャパン」で、日本のおむつの代替品として推奨しているハギスは前月比44%、前年比は73.6%も売り上げが増えた。

国産ブランドボソムイ売り上げも前月比16%、前年比3%増加した。

11番街でも、先月7日から今月6日までの1カ月間、日本ブランドの群おむつ取引額が前月の同期間より33%、前年同期より48%減少した。

おむつのような育児用品の場合、一度赤ちゃんに合ったブランドを選べば、他の製品に乗り換えないのが一般的だが、不買運動が長期化し、代替商品を求める消費者が増えていると見られる。

ゲーム機やゴルフ用品などの趣味用品も「ノー・ジャパン」熱風を避けできなかった。

11番街では、7月7日〜8月6日、任天堂ゲーム機バリュエーションが前月比30%落ち、SSGドットコムでは、7月1日〜8月8日本間とゼクシオなど代表的な日本ゴルフブランドの売上高が前月同期比12%減少した。

オリーブヤングでも今月1〜5日、キスミー、原ダボのような化粧品ブランドと足の裏のパッチヒュジョク時間など日本ブランド製品の売上高が前月同期比8%程度減少した。

ショッピングモール検索ウィンドウで日本製品を検索見る頻度も大幅に減っている。

一般的に、インターネットショッピングモールで買い物をするときに、検索ウィンドウに製品名を入力して商品を検索する場合が多いことを考慮すると、検索頻度が減ったということは、それだけその製品の購買意欲が減ったと見ることができる。

11番街で、7月一ヶ月間ユニクロを検索した回数は、6月に比べ45%減少し、日本の化粧品ブランドであるウルオスを検索した回数も43%減少した。

ブドウの形に独特の食感に、YouTubeを中心に人気を集め、品切れ事態までもたらしたキョホゼリーは50%、手洗浄剤子供きれいは46%、衣類ブランドデサントは34%検索が減少した。

日本の旅行の際に必要な購入品に選ばれたりもしたコインパース(-19%)と筆記具ブランドジェットストリーム(-23%)、育児用品ブランドであるリッチェル(-19%)とコンビ(-24%)なども検索数が一斉に減少した。

SNS上で製品のバーコードなどで日本製品を区別する方法が急速に普及するのはもちろん不買運動関連商品も続々と登場している。

11番街では、9日の時点で「NO JAPAN」と書かれたステッカーやTシャツなど不買運動関連商品が70個以上販売されている。


人気ブログランキングへ

チョン・ユミ側DHCの「肖像権使用撤回・モデル活動中断要求...再契約はない」


嫌韓発言で人気があった日本の化粧品会社 DHCのモデルである俳優チョン・ユミ側が DHCの肖像権使用撤回とモデル活動の中断を要請した。

チョン・ユミ所属事務所エースファクトリーは、12日公式立場を出して「 DHC本社側妄言に対して深い遺憾を表する」と述べた。

エースファクトリーは、「今回の DHC本社側の発言に大きい重要性を感じてチョン・ユミの肖像権使用撤回とモデル活動の中断を要請した」とし「チョン・ユミ SNS内 DHC関連記事も削除された状態」とした。




それとともに「 DHCとの再契約も絶対しない」と釘をさした。

日本の化粧品会社 DHCの子会社である「DHCテレビ」は、最近嫌韓発言が盛られたYouTubeのコンテンツである「真相道路ノモンハンニュース」を出した。

このプログラムでは、極右性向として知られて出演者たちが平和の少女像について「芸術性がない。私は現代美術と紹介して性器を私の見えまともなのか」と評価し、「朝鮮人(過去朝鮮人を卑下する表現)は、漢文を文字化していなかった"

このような事実が韓国に伝わり、DHC不買運動が広がっている。

◆以下は、公式立場の専門

こんにちは、エースファクトリです。

チョン・ユミDHC広告契約と関連して、当社の公式立場お送りいたします。

まず、DHC本社側妄言に対して深い遺憾を表します。

当社は、DHCKOREAとチョン・ユミの美しさモデル契約を2018年に締結しました。チョン・ユミSNSに掲載されたDHC商品写真は、既存の広告契約に含まれている条項であった。

しかし、今回のDHC本社側の発言に大きい重要性を感じてチョン・ユミの肖像権使用撤回とモデル活動の中断を要求しました。チョン・ユミSNS内DHC関連記事も削除された状態です。

加えて、その企業との再契約も絶対ないことをお知らせします。


人気ブログランキングへ

エムズビバレッジ売上減少に従業員対象の説明会開く

「これまで経験したことができなかった売上高の低下を経験しています。今無給休暇を提案したが(長期化すると)以降どうなるか分かりません。」 

8日、日本のビール札幌と恵比寿の国内流通する主流卸売業者エムズビバレッジの関係者の声は重かった。日本製品不買運動直撃を受けた同社は前日、従業員64人を対象に、週1日無給休暇を提案した。 

7月第2週から落ち始めた売上をよりは余裕がないという判断からだ。エムズビバレッジは、2011年に設立された。毎日乳業持株会社である毎日ホールディングスが株式85%を、日本企業札幌ブリューワーリースが15%を持っている。昨年の売上高は419億ウォン、営業利益は32億ウォン程度だ。 



エムズビバレッジ無給休暇の実施状況は、次の週決定される。
この会社の関係者は、「従業員の雇用の保護に最善を尽くしますが、私たちがすぐにできるとは思わない当惑」と話した。事態が長期化する場合、事業を整理しなければならないこともあると思われる。 


「ボイコットジャパン」に輸入ビールの半分以上が流通しているコンビニで、日本のビールの売上高は急落した。前年同期比50%近く下落し追加発注は皆無である。コンビニ3社「1万ウォン4缶」割引行事でも、日本のビールを除外した。エムズウェーバーリーズにも追加発注がほとんどない。 

国民情緒上、独自のプロモーションやマーケティングも、現在では不可能である。先月毎日ホールディングス系列中華クリスタルジェイド役員が「エムズビバレッジ難しいからスタッフモールでサッポロビールを注文してください」は、eメールを従業員に送ったがひどい霜を迎えた。この役員はすぐに謝罪して懲戒手続きを踏んでいることが分かった。 

人気ブログランキングへ

日経「個別審査結果の武器専用の懸念はないと判断" "完全な輸出規制緩和されるかは不明」

日本政府が輸出規制対象の半導体コア材料の3つの項目からの一部をいつでもすぐに韓国に輸出するように許可する方針であり、そのための最終調整に入ったことが分かった。

8日(現地時間)日本経済新聞によると、このような決定は、経済産業省の個別審査の結果、「武器専用の懸念がない」という判断が下されたことによる結果だ。 

これは、経済産業省が個別審査に入った1カ月で下された決定である。



ただ、日本が問題を提起した韓国の貿易管理体制の問題が完全に解消されたわけではなく対象品目の輸出が完全に円滑になることができるかは、まだ明確なものではないと付け加えヨトダ。

日本政府は、輸出規制が禁輸措置はない立場だ。これにより、今回の一部の品目の韓国輸出許可の決定は、このような日本の主張に力を与える見通しだ。

しかし、新聞によると、輸出許可の対象品目、輸出先、輸出業者などに関する具体的な情報は、まだ確認されていない。




経済産業省は先月4日から半導体やディスプレイの製造に使用されるフッ素ポリイミドとフォトレジスト、高純度フッ化水素(エッチングガス)などの3つの主要な素材について韓国に輸出するたびにケースバイケースで、毎回許可を受けるように規制を強化した。

しかし、今回の決定にもかかわらず、いくつかの企業は、輸出の過程で困難を経験しており、韓国の半導体業界が近いうちに十分な半導体材料を確保することができるかどうかはまだ不確実性とこの新聞は予想した。



人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ