韓国のニュースサイト 速報

韓国ニュースサイトの翻訳紹介!

カテゴリ: 日本報道

※日本の報復措置の報道は韓国でも大きく報じられています。

麻生太郎 日本副首相兼財務相が韓国最高裁から強制徴用賠償判決を受けた日本企業の資産差し押さえと関連の具体的な報復措置を検討している12日明らかにした。 

日本の共同通信によると、麻生副総理はこの日、衆院財務金融委員会に出席して議員の質問に答える過程で「関税に限らず送金やビザ発給を停止するなど、いくつかの報復措置(を検討している)」と「現在、そうなる前の段階で交渉しているが、状況が悪化し(日本企業の)実際の被害がより発生した場合、次のステップ(に進むこと)」とした。


送金・ビザ発給停止は、先に地元メディアに報道された内容よりも強度の高い報復措置だ。日本の時事通信は10日、日帝強制徴用被害者が日本企業の韓国内の差し押さえ資産を売却する場合、日本政府が関税引き上げと、いくつかの日本製品の供給中断などで対抗することにしたと報道した。

麻生副首相の今回の発言で来る14日、ソウルで開かれることが知られている両国外交部局長級会合にブレーキがかかる関心が傾く。共同通信は11日、「今回のガーナスキー源氏日本外務省アジア大洋州局長と金龍吉韓国外交部、北東アジア局長間の対話でも韓国側の応答がない場合、日本政府は韓日請求権協定に基づき仲裁委員会の開催のための準備作業に入っという方針」と両国政府が会合を準備していると報じていた。

1965年、韓日請求権協定は、紛争解決手続きに政府間協議に続いて、第3国の委員を含む仲裁委員会の開催を規定している。しかし、仲裁委員会も政府間協議と同様に韓国側の同意がなければ開くことができない。

※在位30周年の最後の記念の中、天皇制廃止のデモが行われたと報道されました。

明仁天皇が24日、自分の最後の在位記念式で「(日本は)誠意を持って他国との関係を構築する必要がある」と述べたと共同通信など日本メディアが伝えた。

彼はこの日、東京(東京)市内国立劇場で開催された在位30周年記念式で「韓国(日本)は、島国として、比較的豊かな形で独自の文化を育んできたが、今ではグローバル化した世界の中で外に向かって開いている」とし、このように強調した。天皇は自分の退位に幕を下ろす平成(平成・1989~2019年)の時代に、「近・現代の最初の戦争を経験していない時代」と「憲法に定められた象徴としての天皇(日王)賞を模索長さは限りなく遠い」と述べた。



明仁の後に続いて、5月1日、第126代天皇として即位する徳仁(德仁・59)皇太子は23日、日本のマスコミとのインタビューを持っている"国民のそばにいつも近づいて喜びと悲しみを一緒にしながら象徴(天皇)の役割を果たしていきたい」と語った。日本の憲法第1条は、天皇の地位を「国民統合の象徴」と規定している点で父親に続いて、この役割を忠実にするという意味で解釈される。天皇は2016年8月ポスト(死後)承継慣例を破って、生前退位意思を明らかにした。天皇の生前退位は、第119代と角(光格)天皇以来202年ぶりだ。当時、彼は「体が衰えて業務を適切に遂行するのは難しい」と説明した。

この日天皇在位記念式に合わせて、東京都心では「天皇制廃止」を要求する街頭デモが開かれた。集会に参加した市民150人」身分差別の象徴である天皇制を平成の終わりにしよう」などのスローガンを叫んだ。

※北朝鮮に拉致された田中稔さんが平壌で生活しているというニュースは韓国でも話題になっています。

 北朝鮮は、日本政府が拉致被害者として認定し、田中稔(田中實・行方不明当時28歳)さんが平壌で結婚して妻と子供と一緒に生活していると、日本側に伝達したことが分かった共同通信が15日伝えた。 教徒は、日本政府関係者を引用し、2014年以来、両国間の接触で、北朝鮮がこのように伝えてきたと報道した。 粉食店従業員に働いていた田中稔は1978年成田(成田)空港を通じて出国した後にニュースが切断された日本政府は、2005年に彼の拉致被害者として認定した。 北朝鮮は田中さんと同じ粉食店店員的には、1979年に失踪した在日韓国人の金田ダースミス(金田龍光・当時26歳)さんにも妻と子供がいると、日本側に伝えたと教徒は伝えた。 日本政府は、金田さんの場合、拉致の可能性を排除することはできないものと見ている。 しかし、日本の外務省幹部は、これらの問題について、「ノーコメント」とだけ述べた。 報道によると、北朝鮮は2014年、日本との接触で、これら「入国している」と初めて伝えてきた。 教徒はこれは両国が拉致問題の再調査などを含めた「ストックホルム合意」を結んだ2014年5月以前だった。 北朝鮮は田中さんの場合、2014年までは「入国を確認することができない」とし、金田氏に対しては入国するかどうかを明らかにしなかった。 北朝鮮は拉致問題については、すでに解決されたという立場をとっていると教徒は付け加えた。


※天皇謝罪発言についての阿部内閣の反応は韓国でも報じられています。

(東京=連合ニュース)パク・セジン特派員=慰安婦問題を天皇が謝罪すること解くという趣旨のムン・ヒサン国会議長の発言について、日本政府が敏感な反応を見せながら悪化の一途を歩いていた日韓関係がより深刻に歪んだ面である。

右派性向が強い安倍晋三(安倍晋三)首相が率いる日本政府は8日、ブルームバーグ通信とのインタビューで、ドア議長が言及した、その発言が知られている後連日激しい反応を吐き出している。

安倍首相は13日再開された衆院予算委員会で「多くの国民が驚きと怒り(驚きや怒り)を感じた」とし、この問題に、日本国民全体を引き込む姿を見せた。

河野太郎(河野太郞)外相も「韓国側に5回程度抗議して謝罪と撤回を要求した。誠意ある対応ができるものと期待する」と圧迫する形を取った。

しかし、米国を訪問中のドア議長は「謝罪する事案ではない」と言い切った。


ドア議長は「慰安婦問題における最も基本的な問題はぴったり一つで、本当に子供のリンゴ」とし「真正性のある一言の謝罪面終わることをなぜこんなに長くオフかに私の言葉の本質がある」と強調した。

ドア議長発言を整理すると、日本国権の象徴である天皇が不幸な過去の歴史に責任を負う態度を示せば、問題がすべてロック解除のに傍点がある。

ドア議長は、ブルームバーグのインタビューで県の明仁天皇が「戦争犯罪の主犯の息子ではないか」と言いながら天皇の謝罪を述べた。

天皇の父親は日本人がその年号を取って「昭和天皇(昭和天皇)」と呼ばれるヒロヒト(裕仁)だ。

韓半島植民地支配の成熟期と絶頂期は、彼の治世(1926〜1989)と重なって、日中戦争と太平洋戦争、慰安婦問題のような多くの不幸な歴史が、彼の治世中行われた。

「戦争犯罪の主犯の息子」という文議長の表現は、このような背景を敷いている。

しかし、安倍内閣はそのような背景を問わず、「失礼だ」は、非外交的言辞まで動員し、無条件文議長の「謝罪」を求めている。

日本の植民地統治を受けた病気の歴史を生々しく覚えている韓国人の情緒には、日本側のこのような反応は、「居直り」と言える。 

◇日本人に残った「天皇」の残影と安倍政権の政治的活用

韓国では天皇と呼ぶ人が、日本では天皇という天皇だ。

天皇は無事政権の幕府執権期は命脈だけ維持して1868年、明治維新を経て、国政の中心に入って座り、神格化の対象になった。

日本の韓半島侵略、日中戦争、太平洋戦争のような暗い歴史天皇の名で行われ、韓国のような被害国民に「天皇」という称号自体が計り知れないほど大きな苦痛と屈辱を思い起こさせる言葉になった。

日本の第2次大戦敗戦後ようやく裁判を避け昭和天皇は1946年1月1日、いわゆる「人間宣言」を通じて自ら神格性を否定したが、「天皇制」自体は生き残った。

政治的実権がない存在になったが、明治維新後の80年近く「人間神」(神)として君臨していた天皇の残影は、日本社会の隅々に残っている。

日本の消息筋は、「「天皇」が人間宣言をしてから古いが、日本人の精神には、神聖不可侵性のようなものはまだ残っているとしなければならない」と述べた。

安倍内閣がドア議長の発言に過剰な反応を見せる背景には、すぐに「天皇の残影」を政治的に活用しようとする意図があるという分析が出ている。

李明博前大統領も在任中」(日本)天皇が韓国を訪問する独立運動家に謝罪せよ。トンソクの塩のような表現を使うには、来てはいけない」と直接的な発言をしたが、当時の日本の内閣は、今のように素早く書き留めなかった。

このような理由で、安倍内閣が不利な課題を希釈させて有利な政治環境を造成するためにわざわざ過敏反応することはないかという分析が出てくるだろう。

安倍内閣は、来る4月の統一地方選挙と7月の参議院選挙を控えて浮上した勤労統計否定スキャンダルに巻き込まれて連日の定期国会で大変な苦労をいる。

また、当初、2020年の実現を目指していた自衛隊明記憲法改正作業が野党の強い反対と国民世論の外面に無期限漂流する可能性が高まっている。自民党が参議院選挙で圧勝していなければ、2021年9月までに予定された安倍首相政権期間内改憲は水を渡って行くことになる。

このような状況では、安倍政権は、多数の日本人がまだ「神聖不可侵」とみなす天皇の問題を積極的に浮上して右翼の結集を狙うことができるというものである。

ある消息筋は、「天皇の問題は、日本人に敏感なのは事実だが、今回の場合、安倍内閣が政治的に利用する側面もあるように見える」と述べた。

※ムン・ヒサン議長の発言に関しての日本の反応は韓国でも報じられています。

日政府、外交ルートを通じて韓国に「謝罪・発言撤回」要求

日本政府が「日王が慰安婦問題について謝罪しなければならない」と述べたムン・ヒサン国会議長の発言について、外交ルートを通じて正式にドア議長に謝罪と発言の撤回を要求した。日本政府のスポークスマンである菅義偉(菅義偉)官房長官は12日午前の定例記者会見で、ドア議長の発言について、「非常に不適切な内容を含んでおり、韓国政府に極めて残念という趣旨で厳重に意思表示をしており、謝罪と(発言)撤回を要求している」と述べた。菅長官はまた「発言には、ハイレベルのレベルを含む外交ルートを通じて韓国側に対応している」とし「8日に外務省局長級レベルでの意思表示をしたのに続き、9日には長嶺保正(長嶺安政)在韓日本大使が韓国外交部第1次官に再度意思表示をした」と明らかにした。彼は、日本政府の謝罪要求について、韓国政府からまだ何の反応がないと付け加えた。ドア議長は8日、ブルームバーグ通信とのインタビューで、明仁(明仁)天皇を「戦争犯罪の主犯息子」と称しながら、「日本を代表する首相や、すぐに捨てる天皇の一言ば良い。高齢慰安婦の手を握って、本当に申し訳ありませんした言えば、それに(慰安婦問題が)解決される」と述べた。



この発言について河野太郎(河野太郞)、日本外相は10日、「発言に気をつけなければならない」と不快感を表わした。菅長官はこの日、「韓国政府から早期に日韓関係の改善を望むドア議長の考えで発言が出てきたもので報道内容がドア議長の本のではなかったという説明を聞いた」とし「しかし、ドア議長の発言は、極めて不適切なものである」と批判した。一方、ドア議長は発言の波長が大きくなると、前日(現地時間)訪問中のアメリカで記者団に天皇を「戦争犯罪の主犯息子」と呼ばれることについて「重要な位置にある指導者の本当に若いリンゴを強調する点で出てきた表現」と「慰安婦たちに慰めの言葉をするおばあちゃんの韓菓芯が解けるという言葉は、前にも何度もした」と説明した。


↑このページのトップヘ