韓国のニュースサイト 速報

韓国ニュースサイトの翻訳紹介!

カテゴリ: 文在寅

※韓国では自由にインターネットができないようです。

「https」ブロックに通信自由萎縮懸念大きくなって・・・

政府が不法有害サイトへのアクセスを防ぎと言って、強力なブロック技術を適用し、反発世論が強まっている。  

放送通信委員会は、11日からKTを皮切りに「サーバー名インディケーション(SNI)フィールドブロック方式」を使用して、特定のWebサイトをブロックし始めた。今後SKTとLGU +にも対応するブロック方式が適用される。放送通信委員会が導入したSNIは、インターネット利用者がサイトにアクセスする過程で送受信されるサーバーの名前を、政府が途中で確認して接続を遮断する方式である。 

しかし、反対世論も少なくない。  


政府が個人の情報を確認するという点で、民間人の傍受・検閲論議が起きているのだ。ついに12日、大統領府の国民請願には、政府のウェブサイトをブロック政策に反対する国民請願が上がり続けている。  

特に「httpsブロックポリシーの反対意見」という請願は、4万人を超える参加率を記録し、反対世論がどの程度なのかを立証した。請願人は「httpsをブロックすることは秒見合わせるをすべて燃やしてしまう結果をもたらすだろう」とし「インターネット検閲の始まりになる恐れがある」と憂慮した。 

単純有害サイトなどをブロックしているが、違法サイトではないにも政府の主観的な判断の下に違法サイトとして指定することができる危険性があるということである。  

このような政府の「インターネット検閲」を回避する方法が生まれることができるという指摘も出ている。VPNプログラムやESNIを有効にする方法などを通じた迂回方法が代表的。つまり、政府のSNI方式に著しい限界があるということである。  

通信の秘密を侵害されない自由は、憲法第2章17条にタイムリーされている。政府の今回の措置は、ややもする表現との通信の自由を萎縮させることができるという憂慮が提起されている理由だ。 

進歩ネットワークセンター活動家オ・ビョンイル氏は「ハフィントン・ポスト」に放送通信委員会の主張どおりコンテンツ全体を傍受することはありませんがHttps方式が露出さセキュリティの抜け穴を利用することは事実であり、専門家が技術的補完に入っただけのこの部分をブロックに用いるは不適切であると明らかにした。 

※今韓国では在韓米軍への負担金軽減についてもめているようです。

今年から適用される韓米防衛費分担金協定の交渉が今週最終妥結されるものと思われる。 
3日聯合ニュースによると、米国が提示した10億ドルのカードを収めかけ分担金の規模は韓国の要求が大幅に反映'10億ドル未満」で、契約期間は、米国が主張した1年で結論が出るものと思われる。

先に韓国側9999億ウォンに協定の有効期間は、少なくとも3〜5年ごとに更新する案を、アメリカ側は有効期間1年に10億ドルを提示してきた。 

米国が金額を大きく譲歩した状況で、韓国も交渉妥結のために契約期間の余地を残して談判に臨んだものと思われる。 

ある外交筋は、聯合ニュースの通話で「米国が金額面を譲って、最終的に妥協を見たのは、両国が韓米同盟の重要性を考慮したため」と説明した。

北米サミットを控えて緊密な連携体制を維持しなければならない状況で、防衛費分担金交渉が変数として浮き彫りになる局面がより長くなってはいけないということ共感を形成したというものである。


この消息筋は「2月末に予定されて2次北米サミットなどの非核化問題に米韓が焦点を合わせなければならないという認識も作用した」とし「韓半島の平和プロセスを推進する過程で、防衛費の交渉が負担になってはいけないという米国側の意志が反映された」と見た。 


ドリューキングのコメント操作公募の疑いで、1審で実刑を宣告されて拘束されたキム・ギョンス慶南知事の裁判の結果に不服して司法を積弊勢力に追い込むとともに、民主党の行動について、法曹界や専門家の懸念が高まっている。民主党の「食欲」に合わないとして裁判所の判断自体を否定することは、司法不信を助長し三権分立の根幹を毀損する行動というものである。

ホン・ヨンピョ民主党院内代表は31日午前、国会で開かれた政策調整会議で「司法壟断の実体が明らかになると、まだ司法の要職を掌握しているヤンスンテ積弊師団が組織的に抵抗している」とし「30日、金知事の1審判決もその延長線」と述べた。続いて「国民の念願で作り上げた弾劾と大統領選挙の結果を否定することもあるという考えをするようになる」とも述べた。裁判所の判断が政治報復的な目的に応じて行われたと主張している。前日急い組ま司法壟断勢力との積弊清算対策委員会委員長を務めたパク・チュミン最高委員は同日、CBSラジオで「控訴審を担当するソウル高等法院の判事たちも絶対多数が司法壟断に関する判事続いまだ心配だ」と話した。パスポートの「裁判不服「性の発言についてジャンヨウンス高麗法学専門大学院教授は、「「公正な判決か」をタジョヤに「好みの判決か」を考えてみれいる」とし「政界が先頭に立って、司法を揺るがしので、国民の司法不信はひどくなって、結果的に世論裁判で追い込む危険性が大変大きい」と批判した。虚栄心慶煕大法学専門大学院客員教授も「政界が法理的に批判することはありますが、結果が気に入らないように司法を攻撃することは三権分立を正面から違反している」と指摘した。

ソウル高裁の判事は、「判決を政治的に解釈してはならない」と述べた。検査出身の弁護士も「民主党は野党ときハン・ミョンスク前総理の裁判を置いては、野党弾圧と反発思うよ与党になっては金知事の裁判についての積弊勢力の抵抗と追い込んでいる」とし「結局、民主党が望む結果を出せと司法をゴプバクするのと同じ」と強調した。


ナ・ギョンウォン自由韓国党院内代表は「ムン・ジェイン大統領は最側近である金知事のコメント操作をどこまで知っていたのか答えて、これに解明しなければならない」と主張した。ギムグァンヨウン正しいミレダン院内代表は金知事の即時辞任を要求し、「ドア大統領は側近である金知事と関連対国民謝罪と責任ある対策を出さなければならない」と述べた。

※この問題は韓国では消極的な報道となっています。

韓国政府が昨年1〜11月の精製油388トン(約3278バレル)ほどを国連に報告することなく、北朝鮮にかけて送った日本の朝日新聞が31日、国連消息筋を引用して報道した。

朝日新聞は、国連安全保障理事会の関係者を引用し、韓国政府が7日、国連側に書簡を送り、このような事実を明らかにした理由を説明したと報道した。

報道によると、韓国政府は、昨年1〜11月、北朝鮮開城の南北共同連絡事務所の暖房・発電機の燃料として使うために、約338トンの精製油を北朝鮮に持って行った。このうち4トンは使用していないまま韓国に戻って持って行った。

韓国政府は書簡で「北朝鮮経済に変動がないように、私たちのエージェントは、ひたすら南北協力事業のために精製油を使用した」と北朝鮮が韓国で搬入された精製油を有用する可能性を否定したと朝日新聞は伝えた。

国際社会の対北朝鮮制裁履行状況を監視する国連安保理の対北朝鮮制裁委員会の専門家パネルは、今回のことを今年の年次報告書に含める方針を立てたと伝えられた。

米国国務省は昨年、違法積み替え分を含む北朝鮮の実際の精製油輸入量が国連安全保障理事会決議(2397号)が定めた上限を超えた明らかに、北朝鮮に精製油の販売を直ちに中止することを国連加盟国に要請した。

↑このページのトップヘ