韓国のニュースサイト 速報

韓国ニュースサイトの翻訳紹介!

2019年08月

トランプ、韓日葛藤に関心ない…北韓、核放棄しない

日韓政府の立場折衝... 安倍「これ以上の謝罪はない」
日、韓ホワイトリスト排除令7日公布... 28日に発効



最終日の記者=政府が先月、日本との水面下の対話で強制徴用に日本が謝罪する賠償要求を放棄する案を提示したが、日本政府は、より以上のリンゴはないという立場を固守したと伝えられる。

13日、外交筋によると、韓日葛藤の出発点とされる昨年10月に強制徴用賠償判決と関連して、日本が強制徴用に謝罪すると、韓国政府が補償を必要としない方法が韓日両国間の水面下のダイアログで議論された。

徴用問題の不法性を認め受けようとする韓国政府と徴用問題はすでに解決されたという、日本の立場を折衷したもの。日本は徴用被害者などに対する補償問題は、1965年の韓日請求権協定締結当時、韓国側に提供された有償・無償経済協力を通じて「すべて解決された」という立場だ。

しかし、安倍晋三首相がこれ以上謝罪はないという立場を固守しているうえ、韓国側が被害者側に賠償放棄を促すことで信じられないので、日本政府は、韓国側の提案を受け入れていないと伝えられる。 

安倍首相は6日請求権協定を取り上げ、「最大の問題は、国家間の約束の遵守、信頼性の問題である。韓国が一方的に国交正常化のベースとなった国際条約を破っている」とし、報復輸出規制は過去の問題のためという認識を示した。

先立って去る6月19日、韓国政府は、「1 + 1」(日本企業と韓国企業の自発的拠出金で財源を造成し、被害者に慰謝料の支払い)の提案をしたが、日本政府は直ちに拒否した。

これと関連し、強制的に徴用被害者の訴訟代理人団と支援団は去る6月、政府の提案に関連して出入口を出し強制徴用問題の解決の議論では、Δ歴史的事実の認識とそれに対する心から謝罪Δ賠償を含む適正な被害回復措置Δ被害者らの追悼と、歴史的教育などを通じた再発防止の努力が含まれなければならないと主張した。

日本は韓国を戦略物資管理友好国リストであるホワイトリスト(白国)で排除する施行令改正案を2日、各の(閣議)で決定し、7日公布した。発酵は28日である。これに先立ち、先月4日には、半導体・ディスプレイ材料3品目の輸出規制を強化したことがある。

人気ブログランキングへ



「日本は我々の友人...アカ退出」叫んだ保守団体の集会!

再び光化門に向かってちょっとちょっととみましょう。今日(15日)、光化門広場の一方では全く異なる内容の集会も開かれました。表面上は光復節を記念するという名分を掲げたが、肝心の「アカは退け」というスローガンを乱発している。




太極旗を持った人々が光化門広場を埋めたです。

李承晩元大統領の顔の下に建国71周年と書かれた大きな垂れ幕がかかりました。

保守キリスト教団体が中心となって開催した自由民主主義の守護大会です。

【趙甲済/保守の論客:親北反日愛国でしょうか。あなた反日愛国でしょうか。米国と日本は、私たちの友人。] 

光復節を迎え、年間集会です。

ところが「アカ」という用語と色合い論争まで登場しました。

[キム・ムンス/前京畿道知事:今私青瓦台はすべてアカがある詰めました。アカは退け。ムン・ジェインは退け] 

市庁広場前にも似たような集会が開かれました。

週末ごとに、ここで太極旗を持ってデモする、いわゆる「太極旗部隊」です。

これらのスローガンはパク・クネ大統領釈放です。

【ジョウォンジン/私たち共和党の代表:罪のない朴槿恵大統領を救出しよう!】

これら10万人の会員と支持者が集まったと主張しました。


人気ブログランキングへ



「南北対話喪失、南自業自得...合同訓練後、「自然対話局面」未練ジョプギル" 

祖平統スポークスマンの談話... 「韓米訓練・国防中期計画、北崩壊目的」反発

祝辞一日もダメ迅速に反応... 労働新聞などのコンテンツのメディアは報道しなく



ソウル=聯合ニュース)類ミナ記者=北朝鮮の対南機構である祖国平和統一委員会(祖平統)は16日、ムン・ジェイン大統領の光復節祝辞を非難する報道官談話を出し、「私たちは、南朝鮮当局者ともうする言葉なく再び直面座るつもりもない」と述べた。

祖平統スポークスマンはこの日の談話で「南朝鮮当局が今回の合同軍事演習が終わった後、何の計算もなく、季節が変わったように自然に対話局面が訪れてくると妄想しながら、今後の調味(北米)会話で漁夫の利を得てみようと首を抜いてスヌーピングがその不十分な未練は事前に折りたたみ方がいいだろう」と、このように述べたと朝鮮中央通信が伝えた。

それとともに「歴史的な板門店宣言の履行が膠着状態に陥って北南対話の動力が失われは完全に南朝鮮当局者の強行の産物であり、自業自得であるだけだ」と強調した。

このような主張は、ドア大統領が前日の光復節祝辞で、北米、南北対話デッドと関連し、「不満な点があっても会話の板を破ったり、壁を打って会話を困難にすることは決して望ましくない」とし「この峠を越えれば、韓半島非核化がつかつか近づくもので、南北関係にも大きな進展を遂げるだろう」と明らかにしたことに対する反応として読まれる。

しかし、北朝鮮はムン・ジェイン大統領の実名を挙げません「南朝鮮当局者」と呼ばれた。

祖平統は特に今月末終了する韓米連合指揮所訓練と最近、国防部が発表した国防中期計画を言及し、「明白なことは、これらのすべてが、私たちを壊滅させるところに目的がある」と主張しながら、「この時点で公然この北南間の会話を云々する人の事故が果たしてゴンジョンハンガすることが疑問に思うだけだ」と指摘した。

続いてドア大統領が祝辞で明らかにした「平和の経済」の実現構想についても「南朝鮮当局者の言葉通りなら、彼らが会話の雰囲気を維持して北南協力を通じた平和経済を建設し、朝鮮半島(韓半島)の平和体制を構築するために努力している音だゆ小貝も仰天大文字する役割」と一蹴した。

大統領の祝辞が出てますが、一日もされず、対南担当機関である祖平統が、このように強度の高い非難談話を出したのは、異例の迅速な対応である。

祖平統は「下の人が書いてくれたものをそのままさらさら降り読む南朝鮮当局者が面白い人」、「本当にまれ露骨な人"、

祖平統スポークスマンの談話は、北朝鮮が米朝交渉が軌道に乗りまで、南北対話を後部順位に置くという基調を再確認したものと思われる。

北朝鮮はハノイ北米サミット決裂膠着局面に陥った米朝対話が6月ドナルド・トランプ、米国大統領とキム・ジョンウン国務委員長間の「板門店会談」を通じて再開足場を用意しつつ、米国の直接的な非難を自制しながら、韓米軍事訓練をはじめ朝鮮半島の武力増強情勢に対する不満表出の焦点を南側に合わせる状況だ。

先に韓米連合訓練初日の11日にも外務省局長人談話を出し、韓米訓練を直ちに中断したり、これに関する解明をする前に、南北間の接触自体が難しいと述べた。

当時も特に「これから会話へ向けて良い気流が生じ、私たちが会話にいくも徹底的にこれらの会話は、調味(北米)の間に行われるのであって北南対話ではないことまっすぐに知っておくのがよいだろう」と南側を目指した。

一方、北朝鮮はこの日、祖平統の談話を北朝鮮住民が接する労働党機関紙の労働新聞や朝鮮中央放送などのコンテンツのメディアには報道しなかった。11日に外務省「対南非難」談話の時と同じ形だ。

今後、北米会話推移に伴う南北関係の進展と対南政策転換などを考慮し、現在の対南非難を住民に公開することには慎重を期すものとみられる。

人気ブログランキングへ



進化する日本商品不買運動... 育児・ホビー用品も「ノー・ジャパン」




不買長期化し、代替商品として目回し... ショッピングモールで日商品検索頻度」取引」

(ソウル=聯合ニュース)イシンヨウン記者=一ヶ月以上続く日本の商品の不買運動がますます進化している。

日本のビールとユニクロなど日本のアパレルブランドで始まった不買運動は、現在育児用品と趣味用品にまで半径を広げた。

消費者は、ソーシャルネットワークサービス(SNS)を介して集合知として不買対象製品をアップデートするかすれば、バーコードで日本製品を確認する方法なども共有して不買運動を続けている。

11日SSGドットコムによると、7月1日から8月8日まで君、メリーズのような代表的な日本のブランドのおむつの売上高が前月同期比12%、前年比15%減少した。

一方、日本製品の不買運動サイト「ノノ・ジャパン」で、日本のおむつの代替品として推奨しているハギスは前月比44%、前年比は73.6%も売り上げが増えた。

国産ブランドボソムイ売り上げも前月比16%、前年比3%増加した。

11番街でも、先月7日から今月6日までの1カ月間、日本ブランドの群おむつ取引額が前月の同期間より33%、前年同期より48%減少した。

おむつのような育児用品の場合、一度赤ちゃんに合ったブランドを選べば、他の製品に乗り換えないのが一般的だが、不買運動が長期化し、代替商品を求める消費者が増えていると見られる。

ゲーム機やゴルフ用品などの趣味用品も「ノー・ジャパン」熱風を避けできなかった。

11番街では、7月7日〜8月6日、任天堂ゲーム機バリュエーションが前月比30%落ち、SSGドットコムでは、7月1日〜8月8日本間とゼクシオなど代表的な日本ゴルフブランドの売上高が前月同期比12%減少した。

オリーブヤングでも今月1〜5日、キスミー、原ダボのような化粧品ブランドと足の裏のパッチヒュジョク時間など日本ブランド製品の売上高が前月同期比8%程度減少した。

ショッピングモール検索ウィンドウで日本製品を検索見る頻度も大幅に減っている。

一般的に、インターネットショッピングモールで買い物をするときに、検索ウィンドウに製品名を入力して商品を検索する場合が多いことを考慮すると、検索頻度が減ったということは、それだけその製品の購買意欲が減ったと見ることができる。

11番街で、7月一ヶ月間ユニクロを検索した回数は、6月に比べ45%減少し、日本の化粧品ブランドであるウルオスを検索した回数も43%減少した。

ブドウの形に独特の食感に、YouTubeを中心に人気を集め、品切れ事態までもたらしたキョホゼリーは50%、手洗浄剤子供きれいは46%、衣類ブランドデサントは34%検索が減少した。

日本の旅行の際に必要な購入品に選ばれたりもしたコインパース(-19%)と筆記具ブランドジェットストリーム(-23%)、育児用品ブランドであるリッチェル(-19%)とコンビ(-24%)なども検索数が一斉に減少した。

SNS上で製品のバーコードなどで日本製品を区別する方法が急速に普及するのはもちろん不買運動関連商品も続々と登場している。

11番街では、9日の時点で「NO JAPAN」と書かれたステッカーやTシャツなど不買運動関連商品が70個以上販売されている。


人気ブログランキングへ

チョン・ユミ側DHCの「肖像権使用撤回・モデル活動中断要求...再契約はない」


嫌韓発言で人気があった日本の化粧品会社 DHCのモデルである俳優チョン・ユミ側が DHCの肖像権使用撤回とモデル活動の中断を要請した。

チョン・ユミ所属事務所エースファクトリーは、12日公式立場を出して「 DHC本社側妄言に対して深い遺憾を表する」と述べた。

エースファクトリーは、「今回の DHC本社側の発言に大きい重要性を感じてチョン・ユミの肖像権使用撤回とモデル活動の中断を要請した」とし「チョン・ユミ SNS内 DHC関連記事も削除された状態」とした。




それとともに「 DHCとの再契約も絶対しない」と釘をさした。

日本の化粧品会社 DHCの子会社である「DHCテレビ」は、最近嫌韓発言が盛られたYouTubeのコンテンツである「真相道路ノモンハンニュース」を出した。

このプログラムでは、極右性向として知られて出演者たちが平和の少女像について「芸術性がない。私は現代美術と紹介して性器を私の見えまともなのか」と評価し、「朝鮮人(過去朝鮮人を卑下する表現)は、漢文を文字化していなかった"

このような事実が韓国に伝わり、DHC不買運動が広がっている。

◆以下は、公式立場の専門

こんにちは、エースファクトリです。

チョン・ユミDHC広告契約と関連して、当社の公式立場お送りいたします。

まず、DHC本社側妄言に対して深い遺憾を表します。

当社は、DHCKOREAとチョン・ユミの美しさモデル契約を2018年に締結しました。チョン・ユミSNSに掲載されたDHC商品写真は、既存の広告契約に含まれている条項であった。

しかし、今回のDHC本社側の発言に大きい重要性を感じてチョン・ユミの肖像権使用撤回とモデル活動の中断を要求しました。チョン・ユミSNS内DHC関連記事も削除された状態です。

加えて、その企業との再契約も絶対ないことをお知らせします。


人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ