韓国のニュースサイト 速報

韓国ニュースサイトの翻訳紹介!

2019年02月

※米朝階段は韓国でも非常に大きく報じられています。

金・トランプ合意署名せずに会談を残し... ホワイトハウス"合意に達しなかった」
韓半島非核化の旅期... 制裁緩和めぐる意見の相違が決裂の原因の可能性 

ドナルド・トランプ、米国大統領とキム・ジョンウン、北朝鮮国務委員長の2次北米首脳会談が合意なしに終了した。 これにより、昨年初めから始まった韓半島非核化に向けた旅が岐路に立った。 キム・ジョンウン委員長とトランプ大統領は28日午後、首脳会談が開かれたハノイソフィテルレジェンドメトロポールホテルで合意文に署名していないまま、それぞれの宿泊施設に復帰した。 セラハッカビーサンダースホワイトハウスのスポークスマンは、「現時点でコンセンサスに達していなかった」と述べた。 サンダースのスポークスマンは続いて「両首脳は、非核化と経済主導構想を前進させる様々な方法について議論した」とし「双方は、将来的に会うことを楽しみにしている」と述べた。 会談が決裂した理由は、知られていなかったが、北朝鮮の非核化措置とこれに他の米国の対応措置の間の認識差が大きいのが原因と思われる。 特に、北朝鮮は寧辺の核施設の廃棄などの非核化措置の対応措置として制裁緩和を求めてきたことで知られた、米国がこれに「大胆な非核化措置なしに制裁緩和はない」という趣旨の原則的な立場を固守しながら合意に至らなかったことはないかという分析が出ている。 両首脳は、今回の会談で、昨年6月に1回会談で合意した▲完全な非核化▲新しい北米関係の確立▲韓半島の平和体制構築などを具体化して合意文に追加の議論を進めた。 



トランプ大統領は午後2時(現地時間・韓国時間午後4時)に記者会見を行う予定である。

先に両首脳は、前日の午後単独会談と夕食を行ったのに続き、この日も午前8時55分頃から単独会談と拡大会談を行った。 

午前までは、両首脳は、肯定的な発言をし、私の会談の成果への期待が高かった。

キム・ジョンウン委員長は、拡大会談場で「非核化の準備が溶融か」という取材陣の質問に「そのような意志ない場合、ここに来なかった」と述べた。

この答えを聞いトランプ大統領は「良い答えである」(good answer)と評価した後"とは、それは最高のダプイルようだ」(Wow、that might be the best answer)と歓迎した。

※トランプ キム・ジョンウンの再開のニュースは韓国でも大きく報じられています。


ドナルド・トランプ、米国大統領とキム・ジョンウン、北朝鮮国務委員長は27日午後6時30分(現地時間)、ベトナムハノイソフィテルレジェンドメトロポールホテルで会って第2回目の核交渉の扉を開いた。昨年6月12日にシンガポールセントーサ島で歴史的な最初の北米サミットをしていた両首脳が顔を再び向き合ったのは8ヶ月(260日)ぶりだ。トランプ大統領が乗った専用車はこの日の午後6時15分に最初の会談に到着し、キム・ジョンウン委員長の専用車は、午後6時20分姿を現した。キム・ジョンウン委員長はトランプ大統領と並んで会談に登場し、「これまで以上に多くの悩みと努力と忍耐が必要だった」とし「すべての人が喜ぶ素晴らしい結果が作成されると確信しており、良い会談になるために最善を尽くした」とと述べた。これトランプ大統領はまた、「成功した会談なると信じている」と答えた。また、「北朝鮮は巨大な経済的潜在力を持った」とし「偉大な指導者がいる北朝鮮の未来は明るく開かだろう」と述べた。両首脳は、午後6時40分から20分間同席せず単独会談をする。以降、午後7時から1時間30分の間友情晩餐が予定されている。 



晩餐には、米国側からマイクポンペイオ国務長官とミック遠いベイニホワイトハウス秘書室長代行が、北朝鮮側からキム・ヨンチョル労働党副委員長兼統一戦線部長と利用号外相が同席する。両首脳は会談二日目の28日には、午前早くからメトロポールホテルで単独首脳会談と拡大首脳会談では、昼食を一緒にする。この席で、昨年1次会談で合意した▲完全な非核化▲新しい北米関係の確立▲韓半島の平和体制構築などの具体的な措置などを議論するものと予想される。続いて午後に会談結果を盛り込んだ「ハノイ宣言」に署名した後、一定の仕上げするものと見られる。

※ ムン・ジェイン大統領・河野日本の外相の発言について勧告でも報じられています。

日本の外相がムン・ジェイン大統領の「親日清算」発言について「韓日関係を未来志向的なものにしたい」と語った。27日、日本の外務省によると、河野太郎外相は前日の記者会見で、「ドア大統領の発言については、分からない」と言いながらも「韓日関係を未来志向的なものにしたい」と語った。それとともに「韓日関係を未来志向的なものを作ろうということは、ガンギョンファ長官とも話してきただろう」と付け加えた。ドア大統領は前日白凡記念館で主宰した国務会議を開始する前に出したすべての発言の中で「私たちの政府は、その中に独立運動の歴史を記憶して独立運動家を優遇する国の姿勢を更新するために努力してきた」とし「親日を清算し、独立運動を適切に礼遇することが民族の精気をすぐに立て正義の国に進む出発でもある」と述べた。ドア大統領は日帝時代親日行為で既得権を得た勢力や解放後もそれを維持された構造を、社会的・歴史的側面から指摘とみられる。 



これに対して河野外相が「未来志向の関係」に言及したのは、韓国の国内問題「親日清算」を外交問題に間違って理解したことはないかという指摘が出てくることができる。一方、河野外相はガンギョンファ外交部長官が前日慰安婦問題について発言したことと関連し、「慰安婦問題は、日韓の合意というものがある。韓日がそれぞれ誠意をもって履行しなければならない」と話した。カン長官は、国連人権理事会(UNHRC)総会で「今までの慰安婦問題への対応に被害者に手を差し伸べるは対応が著しく欠けた」という趣旨の発言をした。河野外相は、日本政府が、当分の間、北朝鮮に人道支援や経済協力をしないという方針を米国に伝えたという日本のメディアの報道については、「核、ミサイル、拉致問題が解決されると、国交を正常化し、経済支援をするためののがある立場に変わりはない」と報道内容を事実上認めた。



 

※在位30周年の最後の記念の中、天皇制廃止のデモが行われたと報道されました。

明仁天皇が24日、自分の最後の在位記念式で「(日本は)誠意を持って他国との関係を構築する必要がある」と述べたと共同通信など日本メディアが伝えた。

彼はこの日、東京(東京)市内国立劇場で開催された在位30周年記念式で「韓国(日本)は、島国として、比較的豊かな形で独自の文化を育んできたが、今ではグローバル化した世界の中で外に向かって開いている」とし、このように強調した。天皇は自分の退位に幕を下ろす平成(平成・1989~2019年)の時代に、「近・現代の最初の戦争を経験していない時代」と「憲法に定められた象徴としての天皇(日王)賞を模索長さは限りなく遠い」と述べた。



明仁の後に続いて、5月1日、第126代天皇として即位する徳仁(德仁・59)皇太子は23日、日本のマスコミとのインタビューを持っている"国民のそばにいつも近づいて喜びと悲しみを一緒にしながら象徴(天皇)の役割を果たしていきたい」と語った。日本の憲法第1条は、天皇の地位を「国民統合の象徴」と規定している点で父親に続いて、この役割を忠実にするという意味で解釈される。天皇は2016年8月ポスト(死後)承継慣例を破って、生前退位意思を明らかにした。天皇の生前退位は、第119代と角(光格)天皇以来202年ぶりだ。当時、彼は「体が衰えて業務を適切に遂行するのは難しい」と説明した。

この日天皇在位記念式に合わせて、東京都心では「天皇制廃止」を要求する街頭デモが開かれた。集会に参加した市民150人」身分差別の象徴である天皇制を平成の終わりにしよう」などのスローガンを叫んだ。

※安倍総理の任期とその後の総理大臣について勧告で報じられています。

日本の与党である自民党で安倍晋三(安倍晋三)首相の4期がすでに提起されている。

安倍首相は、2006〜2007年1次政権を経て、2012年12月に再執権し、昨年の自民党総裁選挙で勝利し2021年9月までの任期を確保した状態だ。


22日日本経済新聞などによると、政界で、今後のある早期レイムダック可能性が議論され、政局運営の主導権を維持するための4ソンロンが提起されている。

源流は安倍首相の支持派閥であり、過去18日あった安倍首相と自民党の一部議員の食事の席で議論された。




安倍首相は当時、「次の総裁候補は岸田文雄(岸田文雄)政調会長であるのか」と言葉を取り出し始めた。

岸田政調会長は沈黙し、野田聖子(野田聖子)衆院予算委員長が「(候補に)私もいる」と述べた。

安倍首相は、以前と同じように"の後に、私は(候補として)出てこない」と述べた。

ところが安倍首相を支持する自民党派閥の一つである二階(二階)波に所属する林基央(林幹雄)幹事長代理が「4リードすることができないか」と反問してみましょう周りが静かになったという。

二階派を率いる二階俊博(二階俊博)幹事長もこれまでの周りに「本人が言って取り出しは難しいだろう」と安倍首相の4線を支持するような発言をしたことが分かった。

これ他の派閥では、「今年の夏の参院選後も二階堂幹事長が幹事長を続けたいという期待感を示したではないか」という意見が出た。

自民党執行部のある関係者は、このような状況を残して"4ソンロンは「4線」の重みがあるのではなく、政局運営の裁量と主導権を安倍首相が引き続き握っなければならないという意味だろう」と新聞に語った。

昨年の秋総裁選挙が終わる党内では「ポスト安倍」が誰になるのかを置いて人物評が複数回取り上げたし、次期候補を狙うような動きが出ていた。

これ警戒するように4ソンロンが提起されたはずなのに、

安倍首相としては、自分が握った「解散カード」をどの時期に何回利用することができるかを予測不可能にすることが求心力を高めることができるからである。

これまで党内でポスト安倍に挙げられた岸田政調会長、石破茂(石破茂)前幹事長側でもこのような状況で行動するのが困難な場合があるという観測も提起される。

安倍首相は4ソンロンが挙げられていることについて「(時期が)ちょっと早い」と「いろいろ考えているだろう」と周りに言われるにとどまった。

安倍首相は、今年11月には桂太郎(桂太郞・1848~1913、2500 886日)前首相を抜いて2次世界大戦前後をあわせて、日本で最も長い期間執権した首相になる。

↑このページのトップヘ