裁判所が「日企業資産の処分」を決定、3ヶ月後には最大の峠

韓日経済戦争]靑「日本の品目1件の輸出許可、肯定的にのみ見ることではない」
日「禁輸措置ではない」を強調... 対外正当性名分積みに重量


大統領府は8日、日本が大(對)韓国の3大輸出規制品目の一つである「極紫外線(EUV)フォトレジスト」の輸出を許可したことと関連し、「不確実性が完全に解消されたわけではない」とした。「肯定的にのみ表示さではない」という話も出た。大統領府は、「日本は白国(輸出手続きの簡素化優遇局)排除措置を早急に撤回しなければならない」と重ねて要求した。




日本政府・マスコミがフォトレジスト輸出許可に相当な意味を付与したものとは異なる気流だ。フォトレジストは、半導体基板の製作に使われるフォトレジスト材料として、韓国の日本産の輸入の割合が約92%である。日本政府は、先月4日、半導体・ディスプレイの核心素材3種の輸出規制を実施してから34日目の7日、初めてフォトレジスト輸出許可を出した。最大90日かかる許可が1ヵ月あまりで行われたものである。外交がで「日本が輸出許可をしたのは、私のながら自国の措置が「正当な輸出規制」という点を主張すること」とは、評価が出た。

◇日の「名分積み」の意図に重量

大統領府の関係者はこの日、「日本の輸出許可承認については肯定的に評価が既に申請された他の項目も早い時間内に承認が行われなければならない」とした。続いて「別のリストの不確実性が完全に解消されたのは、ないので白色国排除措置を早急に撤回しなければならないという立場には変わりがない」とした。ムン・ジェイン大統領もこの日、「日本がこの事態をどこまで引っ張っていくかは、もう少し見守らなければならない」とし「日本が輸出規制をしていないことも、実際の被害がないかもしれないが、変わらないのは、不確実性がまだ生きているという点だ」とした。

東京の外交消息筋は「日本が自国の輸出規制が経済報復措置や前面錦繍(禁輸)措置ではなく、手順に沿って合理的に行われるという点を主張しようとする「名分積み用」にみられる」とした。対外的には輸出規制の正当性を強調して、対内的には、日本企業の被害を踏まえた措置とある。

菅義偉(菅義偉)、日本官房長官はこの日輸出許可措置と関連し、「厳正な審査を経ていない補償おそれがない取引であることを確認して輸出許可を付与したと聞いている」と語った。特に「今回の件は、繰り返し説明したよう禁輸措置ではない」とし「正当な取引では、恣意的な(制度)の運用をしないで、許可を出すことを示したもの」とした。当初、日本が輸出規制名分で掲げた「安全保障の懸念」に該当しないと韓国が不当に被害見ることはないという主張を繰り返したものである。

日本の読売(讀賣)新聞は「韓国が日本の措置に「世界経済の破壊をもたらすだろう」と反発したが、経済産業省は、今回の措置が禁輸・輸出規制がないとして、今後も輸出許可申請を審査し、問題がなければ許可する方針」とした。産経(産經)新聞も「今回の輸出許可に韓国が主張する「禁輸措置」に該当しないことを見せてくれただろう」と主張した。

◇国内産業」ため息は回したが... "

国内の産業界の一部では、「グローバルなサプライチェーンの打撃指摘など対内外世論を意識して、一度戦争拡大は自制する短期融和策(宥和策)であることができる」という解釈が出た。業界関係者は、「一応一息つきながら対応措置を準備することができるようになった」とした。特に日本が今回の輸出を許可したフォトレジストは、サムスン電子が「未来食」と規定して集中的に育成している鋳造(半導体受託生産)事業の必須素材だ。

しかし、日本のこの時期と状況を比較検討しながら「安全保障の懸念」を口実に、いつでも規制を与えることができるように、業界内ではまだ懸念が少なくない。セコ広重(世耕弘成)日本経済産業相はこの日、「3品目のほか、個別・具体的には、不適切な事例が出てきたら徹底し再発防止対策を講ずること」とした。これ朝日(朝日)新聞は「第3弾の輸出規制強化措置を示唆したものだ」とした。菅長官も「輸出管理については、引き続き厳格な審査を実施しバイパス貿易、目的外使用などの事例がないように厳正に対処していく」とした。

ある大企業の役員は、「日本が事態緩和のための少数のジェスチャーを取ったが、韓国のホワイト国から除外庭にいつ再び別の素材を規制するかもしれない」とし「緊張感を緩めていない」とした。半導体業界の関係者は、「日本が鞘から刀をペリョダしばらく停止動作をとった感じ」とした。

ヤンギホ聖公会大日本学科教授は、「まだ、日本の措置をより見守らなければならない」とし、「数ヶ月後に群がっ(強制徴用関連)国内の日本企業の差し押さえ資産の現金化措置かどうかが韓日関係の行方を分ける大きな節目になることもある」とした。

人気ブログランキングへ