日本が7日発表した輸出貿易管理令の改正案の施行細則で最も懸念していた個別の許可品目を追加指定はしていないことに基づいて、日韓経済戦争も一応一息ついた。

しかし、戦略物資はもちろん、非戦略物資もまだ「キャッチオール」(Catch all)制度を利用して大(對)韓国の輸出を停止する可能性が残っており、両国間の対立が収まら戦争拡大に飛び火するか来る28日施行日以後に見守るする。




8日両国政府と戦略物資管理院などによると、輸出貿易管理令の改正案が7日公布されたことにより、28日から韓国では白の国で一般的な国に転換される。

一般国になると、戦略物資非敏感品目は、一般包括許可では、個々の許可または特別一般包括許可対象に変わる。

Internal Compliance Program)企業に変わるという点除けば、従来一般的な包括許可の事実上の通りである。

これとは異なり、個々の許可は3年間認めてくれる許可の有効期間が6ヶ月に変わって申請方法も電子申請でメール、訪問申請を要求することができる。

特に個別の許可品目に指定された高純度フッ化水素(エッチングガス)、フッ素ポリイミド、フォトレジストは、以前のように、経済産業省地域事務所ではなく、本性のみ申請が可能である。

これらの3つの項目を、日本の海外支社からの輸入と、その国の戦略物資法令の適用を受けるために、日本の規制から比較的自由である。

しかし、日本本社の方針に基づいて、海外支社が輸出を拒否することができ、これを避けるべきだとエンドユーザーをだまして、第3国を経由して輸入したが、今後事実が明らかになると、国際社会の「懸念トレーダー」に登載されて最初から輸出入この困難になることができる。

申請書類の場合、一般包括許可や特別一般包括許可は、2種だけだが、個々の許可は3種、3つの項目は、7種以上と大幅に増える。

日本政府は、自国の企業に「韓国への輸出のうち、バイパス輸出と目的外専用等については厳密に対処する」とし「最終需要者と最終用途等の確認には万全を期してほしい」と注文した。

韓国企業が一般包括許可のような利点を受ける最も重要なことは、ICP企業との取引をプログラムは、ある。

日本企業は、自律遵守プログラム(CP)の登録を希望する場合、輸出管理のための内部規定を設け、経済産業省に届け出ことになる。その後、日本経済産業省が審査して内容が適切であれば、輸出管理内部規定の修理表と自律管理チェックリストを発行する。

修理表を受けた企業は、毎年7月輸出概要と自律管理チェックリストを提出し、経済産業省がこれを審査して、修理票を再発行する。 現在、日本のICP企業は1千300余であり、二重経済産業省のホームページに公開された企業は632社である。 非戦略物資は懸念用途に輸出されたものであること輸出が知っている場合、または政府のこのような趣旨で許可が必要であるが輸出に通報した場合、キャッチオール制御に基づいて、個々の許可を受けなければならない。 韓国が28日白国から排除されると、日本企業は、キャッチオール許可を申請するか判断しなければならない。 この時、日本の輸出企業は韓国企業に項目、輸入業者、取引、使用用途などに関する情報を要求することができ、韓国企業は、その項目が大量破壊兵器(WMD)や在来式武器とは無関係であることを誠実かつ明確に説明する必要がある。

人気ブログランキングへ