※アメリカ外交官、文政権北朝鮮製作に「嫌だ!」韓国で報じられています。

米朝間の「ハノイ決裂」後も、

文政府開城工業団地の再開などの推進に

別の当局者も「これから会わない」

訪米挨拶に直接的または間接的に伝え

韓・美対北朝鮮共助亀裂「危険水位」

最近、米国の外交・安保主要当局者が「ムン・ジェイン大統領の対北朝鮮政策はすべて嫌いだ」と露骨に不満を表示するなど、韓米対北朝鮮共助の亀裂が深刻な水準に達した状況があちこちで捕捉されている。外交専門家の間では、韓米同盟がすでに危険水位を超えたという分析が出ている。

21日韓・米関係に精通した消息筋によると、最近、米国の当局者が「ドア大統領の対北朝鮮政策は、多嫌い」と語った。この発言は、ハノイ、米朝首脳会談決裂後、ムン・ジェイン、政府が金剛山観光と開城工業団地の再開を米国と協議するという立場を明らかにしたことについて議論する過程で出てきたことが分かった。

別の消息筋は「ハノイ会談決裂直後、米国の外交・安全保障当局者が韓国当局者に「金剛山観光と開城工業団地再開の話をするならあなたと会わない」と言ったと聞いている」と伝えた。この消息筋は「昨年下半期から最近まで、国務省と国防総省の関係者と接触した結果、米国は一度も段階的解法と段階的制裁緩和の方針を立てたことがなかったという事実を数回確認した」と述べた。

これと関連し、元次官級外交官は、「共助に危機が来るのは不満が間接的に提起される1段階、不満が匿名の管理を介して流れる2段階では、当局者が公に不満を表現するけりが私は3段階に進むされている」とし「現在、米国の外交・安保当局の雰囲気を見ると、すでに2段階に入ったとみられる」と述べた。

昨年米朝水面下の接触を主導していたアンドリュー・キム前米国中央情報局(CIA)コリアミッションセンター長20日、ソウルで開かれたプライベート講演で「北朝鮮を眺める韓米間の時刻に差が大きい」と話したと伝えられた。さらに、元米国務省高官はこの日、「ドナルド・トランプ米政府が大統領府に「仲介」の役割を担ってほしいと要請し少ないなかったことを知っている」と述べたりもした。これは韓半島運転、モデレータなどを言及し、非核化交渉を牽引してきた大統領府の立場と配置されている発言である。