※韓国3・1行事に対しての日本政府の発言が韓国で報じられています。

 ムン・ジェイン大統領が3・1節記念辞で死傷者数を具体的に言及したことについて、日本政府が「不適切だ」と主張した。 
今日(2日)NHKなどの前日報道によると、日本政府は、前日ムン・ジェイン大統領が3.1運動当時の死亡者と負傷者数を記載したことについて「(日韓間の)見解が一致していないことを公的な場所で発言することは不適切である」という立場を韓国政府に伝えた。 


大統領は前日記念辞で「3・1運動当時7500人余りの朝鮮人が殺害され、1万6000人が負傷した」と言及したことがある。続いて日帝残滓を清算しなければならないと強調しながらも、「韓半島の平和のために、日本との協力も強化する」と付け加えた。 

しかし、日本政府は、3・1運動の死傷者数を記載したものを問題視して抗議した。日本の外務省は、前日与党自民党が開催した外交部回(委員会)などの合同会議で「歴史の中でも、さまざまな意見がある」との見解が一致していないこと、公共の場で発言するのは不適切である」と述べた。 


サーフェスにはあなたが必要だ


日本政府は、3・1運動当時の蛮行についてはまだ謝罪していない。また、最近、強制徴用賠償など、最近まで続いてきた過去の問題に関し、韓国政府がきちんと対応していないと重ねて不満を吐露した。