※米朝会談の話題は韓国でも報じられています。

「私たちは、会談の決裂の可能性も備えた。トランプ大統領が決断を下した。」

マイクポンペイオ米国国務長官が28日(現地時間)期待とは異なり、コンセンサスなく幕を下ろしたドナルド・トランプ、米国大統領とキム・ジョンウン、北朝鮮国務委員長の2次首脳会談に先立ち「交渉決裂」カードも事前に準備した。 ハノイで首脳会談が終わるやいなや、フィリピン訪問のために専用機で移動しながら、記者たちと会っている。 ポンペイオ長官は「北朝鮮のような国は、最高指導者が大きな決定をする場合が多いため、私たちは、今回の会談に大きな決定の中で大勢を取った」と述べた。 彼は「実際には2指導者が一緒にする機会が生じるまではどのようなものを採用するかわからないので、多くの準備作業をした」とし「今回の結果(this outcome)の可能性も準備ができていた」と紹介した。 所望の方向に合意がなされない場合の最後のカードに会談で歩いて出てくることも事前に検討したという意味だ。これは昨年1次北米サミットをわずか20日後に控え、電撃的に会談取消決定を下し主導権を握ったトランプ式交渉術と無関係そうだ。 ポンペイオ長官はしかし、首脳会談2日振ら日午前までの会談の見通しを暗く見るはなかったものと思われる。 




彼は「でも、今朝も希望的だった。私たちは再び出会い、少し離れて進むことができるかをサルピョトゴ実際進展を成し遂げた」とし「しかし、まだそれは遠い道で行うことが多い」と話した。終盤まで北米がお互いの立場の違いを狭めるために努力したが、交渉を妥結するほど進展したができなかったということだ。 

ポンペイオ長官は「最終段階での共同声明に署名を正当化するのに十分な進展をイルギル希望した(結果は)そうでした」とし「大統領がその(協議決裂)決断をした」と述べた。

また、非核化の実務交渉チームは「継続して働いて一晩中働いた。二、三ヶ月間とかすをして道をきれいにした」とし「進歩を成し遂げた、我々が持ってうとしたほどではなかった」と説明した。 ポンペイオ長官はたとえすぐではないしたが、実務交渉を再開する旨を明らかにした。彼は"(北米)双方は、達成しようとするものとの間の十分な一致を見たので会話する理由を見つけるだろう」と述べた。 彼はハノイで首脳会談決裂後の記者会見でも「しかし、私はまだ楽観的」とし「今後数日間、数週間以内に再度会って、問題を解決してほしい」と述べた。 また、「一部の挑戦がどこかも知っている」とし「世界が欲しいもの、北朝鮮の非核化であり、アメリカ人と世界のリスク低減を最終的に達成することができるように進展を成し遂げたものとみなす」と強調した。