※ムン・ヒサン国会議長、菅義偉の話題は韓国でも報じられています。

 菅義偉(菅義偉)、日本官房長官は18日、ムン・ヒサン国会議長が「天皇慰安婦謝罪」発言に対する謝罪要求を一蹴し、日本を批判したことについて「怒りを禁じえない」と反発した。
日本政府のスポークスマンである菅長官は同日午後、定例ブリーフィングで「前回(日王の謝罪を要求した)ドア議長の発言は、かなり不適切た」とし「ドア議長はその後も、不適切な発言を繰り返しており、怒りを禁じえない」とと述べた。彼は「今回の件について、韓国政府の厳重な立場は、すでに繰り返し述べたように」と「韓国に対して適切な対応を強く求めていく方針に変わりはない」と述べた。 

ドア議長はこの日、報道された韓国のメディアとのインタビューで、「日王が慰安婦問題に謝罪しなければならない」という自分の発言に対して日本側が謝罪を要求することについて、「謝罪するほうが謝罪はしなくて私に謝罪するようには何か。泥棒が第足痺れと居直り」と批判した。また、「月を見るようにしたところ、月は見なくて、指だけ見ること」と、日本の指導者の真の謝罪を要求した本質を日本が誤解していると指摘した。ドア議長は「安倍晋三(安倍晋三)首相まで出て反発することは、政略的な動き」と批判した。 



菅長官はこの日午前の記者会見でも「(ドア議長が)前回の非常に不適切な発言をした後でも、不適切な発言を繰り返して極めて遺憾に思う」と述べた。彼は「今回の件に関する私たちの厳重な立場は繰り返し言った通りだ」とドア議長の謝罪とその発言の撤回を要求した。


前ドア議長は8日、ブルームバーグ通信とのインタビューで、日本軍慰安婦問題の解決の本質は、被害者ハルモニたちの真正性ある謝罪と言及しながらの明仁天皇を「戦争犯罪の主犯息子」とした。ここに日本政府は、安倍晋三首相と菅官房長官、河野太郎外相などが一斉に後ドア議長の謝罪と発言撤回を求めている。