※韓国では自由にインターネットができないようです。

「https」ブロックに通信自由萎縮懸念大きくなって・・・

政府が不法有害サイトへのアクセスを防ぎと言って、強力なブロック技術を適用し、反発世論が強まっている。  

放送通信委員会は、11日からKTを皮切りに「サーバー名インディケーション(SNI)フィールドブロック方式」を使用して、特定のWebサイトをブロックし始めた。今後SKTとLGU +にも対応するブロック方式が適用される。放送通信委員会が導入したSNIは、インターネット利用者がサイトにアクセスする過程で送受信されるサーバーの名前を、政府が途中で確認して接続を遮断する方式である。 

しかし、反対世論も少なくない。  


政府が個人の情報を確認するという点で、民間人の傍受・検閲論議が起きているのだ。ついに12日、大統領府の国民請願には、政府のウェブサイトをブロック政策に反対する国民請願が上がり続けている。  

特に「httpsブロックポリシーの反対意見」という請願は、4万人を超える参加率を記録し、反対世論がどの程度なのかを立証した。請願人は「httpsをブロックすることは秒見合わせるをすべて燃やしてしまう結果をもたらすだろう」とし「インターネット検閲の始まりになる恐れがある」と憂慮した。 

単純有害サイトなどをブロックしているが、違法サイトではないにも政府の主観的な判断の下に違法サイトとして指定することができる危険性があるということである。  

このような政府の「インターネット検閲」を回避する方法が生まれることができるという指摘も出ている。VPNプログラムやESNIを有効にする方法などを通じた迂回方法が代表的。つまり、政府のSNI方式に著しい限界があるということである。  

通信の秘密を侵害されない自由は、憲法第2章17条にタイムリーされている。政府の今回の措置は、ややもする表現との通信の自由を萎縮させることができるという憂慮が提起されている理由だ。 

進歩ネットワークセンター活動家オ・ビョンイル氏は「ハフィントン・ポスト」に放送通信委員会の主張どおりコンテンツ全体を傍受することはありませんがHttps方式が露出さセキュリティの抜け穴を利用することは事実であり、専門家が技術的補完に入っただけのこの部分をブロックに用いるは不適切であると明らかにした。