※ムン・ヒサン議長の発言に関しての日本の反応は韓国でも報じられています。

日政府、外交ルートを通じて韓国に「謝罪・発言撤回」要求

日本政府が「日王が慰安婦問題について謝罪しなければならない」と述べたムン・ヒサン国会議長の発言について、外交ルートを通じて正式にドア議長に謝罪と発言の撤回を要求した。日本政府のスポークスマンである菅義偉(菅義偉)官房長官は12日午前の定例記者会見で、ドア議長の発言について、「非常に不適切な内容を含んでおり、韓国政府に極めて残念という趣旨で厳重に意思表示をしており、謝罪と(発言)撤回を要求している」と述べた。菅長官はまた「発言には、ハイレベルのレベルを含む外交ルートを通じて韓国側に対応している」とし「8日に外務省局長級レベルでの意思表示をしたのに続き、9日には長嶺保正(長嶺安政)在韓日本大使が韓国外交部第1次官に再度意思表示をした」と明らかにした。彼は、日本政府の謝罪要求について、韓国政府からまだ何の反応がないと付け加えた。ドア議長は8日、ブルームバーグ通信とのインタビューで、明仁(明仁)天皇を「戦争犯罪の主犯息子」と称しながら、「日本を代表する首相や、すぐに捨てる天皇の一言ば良い。高齢慰安婦の手を握って、本当に申し訳ありませんした言えば、それに(慰安婦問題が)解決される」と述べた。



この発言について河野太郎(河野太郞)、日本外相は10日、「発言に気をつけなければならない」と不快感を表わした。菅長官はこの日、「韓国政府から早期に日韓関係の改善を望むドア議長の考えで発言が出てきたもので報道内容がドア議長の本のではなかったという説明を聞いた」とし「しかし、ドア議長の発言は、極めて不適切なものである」と批判した。一方、ドア議長は発言の波長が大きくなると、前日(現地時間)訪問中のアメリカで記者団に天皇を「戦争犯罪の主犯息子」と呼ばれることについて「重要な位置にある指導者の本当に若いリンゴを強調する点で出てきた表現」と「慰安婦たちに慰めの言葉をするおばあちゃんの韓菓芯が解けるという言葉は、前にも何度もした」と説明した。