※韓国では中国からの大気汚染が非常に大きな社会問題になっているようです。
他国からの大気汚染なので直接解決できずにいる状態が続いています。



 数年前までは、「黄砂」という名前で、春を待つ苦手だったほこりは、今シーズンを選ばず、韓半島を占領している。冷たい風も吹かなければ微細粉塵が軽く散在息も休むことができる。だからといってむやみに寒い日だけ待っていることはない。すぐにできることからしなければならない。微細粉塵対処方法を総整理を試みた。微細ほこり、深刻な病気引き起こして、2016年の経済協力開発機構(OECD)の報告による屋外微細粉塵やオゾンによる早期死亡率は人口100万人当たりの中国(2052人)、インド(2039人)、カスピ海周辺(1110人)、韓国(1109人)の順となった。OECD加盟国の中では韓国が最も高い。


微細粉塵は、文字通りのサイズが小さいため、気管支を介して肺胞奥深く入ることができる。複数のパスを介して吸収された有害物質は、体の中の化学反応を起こして、これ疾患で現れることもある。直接肺に炎症作用を起こす気管支炎が起こることがあり、アレルギー反応に喘息のような基礎疾患を悪化させることもできる。炎症が血管に移動していくと、血液内凝固物質が活性化され、血栓が形成されることもある。血管の炎症は、急性心筋梗塞、心臓発作や脳卒中などの重大な心脳血管疾患に影響を与える。



ほぼすべてのがんの死亡率高くなることがあり、最近の論文が一つ発表された。大気汚染に長くさらされると、すべての種類のがんによる死亡リスクが高くなるという研究結果だ。特に大気汚染にさらされると、末期がんよりも早期がんの死亡率がより高くなることが分かった。ギムホンベミョンジ病院家庭医学科の教授と利用第延世医療院江南セブランス病院家庭医学科教授チームが1999年から2017年の間に行われた大気汚染や癌による死亡リスクの30編の研究を総合的に分析した結果、粒子の直径この2.5μm以下の超微細ほこり、10μm以下である微細粉塵は、二酸化窒素が㎥当たり10μgずつ増加するたびにすべての種類のがん死亡率がそれぞれ17%、9%、6%上昇した。大気汚染の平均濃度、癌の進行段階、調査対象者の喫煙状況などに分け分析した詳細な研究でも、長期間大気汚染暴露によるがん死亡リスクが有意に上昇したと分析された。研究で微細粉塵が肺がんではなく、他の癌の死亡率も高めるものと分析されたが、超微細粉塵は肝臓癌、大腸癌、膀胱癌、腎臓癌、微細粉塵は膵臓癌と喉頭がんの死亡率を増加させた。ギムホンベ教授は「以前は超微細粉塵が10単位増加するほど、肺がんの発生と死亡が約9%増加しているメタ分析研究の結果のみがあった」とし「今回の研究で、大気汚染の露出が多くなると、ほぼすべての種類のがん死亡危険性を高めることが立証された」と説明した。