韓国のニュースサイト 速報

韓国ニュースサイトの翻訳紹介!

韓国のニュースサイトを翻訳しています。韓国側の記事の内容を理解することで一つの事柄を多方面から理解することができ、より深く理解できると思います。

日韓両ニュースサイトや掲示板などを見ていて感じることは、日本が一方的に韓国からの抗議を受けて困っているというような報道があった場合でも韓国では抗議してやったぞ!成功! というような報道はない場合が多く。

逆に日本国内ではなんの報道もされていない事柄でも、韓国では日本政府から抗議を受けた!いつもいやがらせをしてくる!というような報道があったりします。

両国のサイトを見ることで、とてもバランスの取れた知識を持つことができるのだと思います。

人気ブログランキングへ

エムズビバレッジ売上減少に従業員対象の説明会開く

「これまで経験したことができなかった売上高の低下を経験しています。今無給休暇を提案したが(長期化すると)以降どうなるか分かりません。」 

8日、日本のビール札幌と恵比寿の国内流通する主流卸売業者エムズビバレッジの関係者の声は重かった。日本製品不買運動直撃を受けた同社は前日、従業員64人を対象に、週1日無給休暇を提案した。 

7月第2週から落ち始めた売上をよりは余裕がないという判断からだ。エムズビバレッジは、2011年に設立された。毎日乳業持株会社である毎日ホールディングスが株式85%を、日本企業札幌ブリューワーリースが15%を持っている。昨年の売上高は419億ウォン、営業利益は32億ウォン程度だ。 



エムズビバレッジ無給休暇の実施状況は、次の週決定される。
この会社の関係者は、「従業員の雇用の保護に最善を尽くしますが、私たちがすぐにできるとは思わない当惑」と話した。事態が長期化する場合、事業を整理しなければならないこともあると思われる。 


「ボイコットジャパン」に輸入ビールの半分以上が流通しているコンビニで、日本のビールの売上高は急落した。前年同期比50%近く下落し追加発注は皆無である。コンビニ3社「1万ウォン4缶」割引行事でも、日本のビールを除外した。エムズウェーバーリーズにも追加発注がほとんどない。 

国民情緒上、独自のプロモーションやマーケティングも、現在では不可能である。先月毎日ホールディングス系列中華クリスタルジェイド役員が「エムズビバレッジ難しいからスタッフモールでサッポロビールを注文してください」は、eメールを従業員に送ったがひどい霜を迎えた。この役員はすぐに謝罪して懲戒手続きを踏んでいることが分かった。 

人気ブログランキングへ

日本が7日発表した輸出貿易管理令の改正案の施行細則で最も懸念していた個別の許可品目を追加指定はしていないことに基づいて、日韓経済戦争も一応一息ついた。

しかし、戦略物資はもちろん、非戦略物資もまだ「キャッチオール」(Catch all)制度を利用して大(對)韓国の輸出を停止する可能性が残っており、両国間の対立が収まら戦争拡大に飛び火するか来る28日施行日以後に見守るする。




8日両国政府と戦略物資管理院などによると、輸出貿易管理令の改正案が7日公布されたことにより、28日から韓国では白の国で一般的な国に転換される。

一般国になると、戦略物資非敏感品目は、一般包括許可では、個々の許可または特別一般包括許可対象に変わる。

Internal Compliance Program)企業に変わるという点除けば、従来一般的な包括許可の事実上の通りである。

これとは異なり、個々の許可は3年間認めてくれる許可の有効期間が6ヶ月に変わって申請方法も電子申請でメール、訪問申請を要求することができる。

特に個別の許可品目に指定された高純度フッ化水素(エッチングガス)、フッ素ポリイミド、フォトレジストは、以前のように、経済産業省地域事務所ではなく、本性のみ申請が可能である。

これらの3つの項目を、日本の海外支社からの輸入と、その国の戦略物資法令の適用を受けるために、日本の規制から比較的自由である。

しかし、日本本社の方針に基づいて、海外支社が輸出を拒否することができ、これを避けるべきだとエンドユーザーをだまして、第3国を経由して輸入したが、今後事実が明らかになると、国際社会の「懸念トレーダー」に登載されて最初から輸出入この困難になることができる。

申請書類の場合、一般包括許可や特別一般包括許可は、2種だけだが、個々の許可は3種、3つの項目は、7種以上と大幅に増える。

日本政府は、自国の企業に「韓国への輸出のうち、バイパス輸出と目的外専用等については厳密に対処する」とし「最終需要者と最終用途等の確認には万全を期してほしい」と注文した。

韓国企業が一般包括許可のような利点を受ける最も重要なことは、ICP企業との取引をプログラムは、ある。

日本企業は、自律遵守プログラム(CP)の登録を希望する場合、輸出管理のための内部規定を設け、経済産業省に届け出ことになる。その後、日本経済産業省が審査して内容が適切であれば、輸出管理内部規定の修理表と自律管理チェックリストを発行する。

修理表を受けた企業は、毎年7月輸出概要と自律管理チェックリストを提出し、経済産業省がこれを審査して、修理票を再発行する。 現在、日本のICP企業は1千300余であり、二重経済産業省のホームページに公開された企業は632社である。 非戦略物資は懸念用途に輸出されたものであること輸出が知っている場合、または政府のこのような趣旨で許可が必要であるが輸出に通報した場合、キャッチオール制御に基づいて、個々の許可を受けなければならない。 韓国が28日白国から排除されると、日本企業は、キャッチオール許可を申請するか判断しなければならない。 この時、日本の輸出企業は韓国企業に項目、輸入業者、取引、使用用途などに関する情報を要求することができ、韓国企業は、その項目が大量破壊兵器(WMD)や在来式武器とは無関係であることを誠実かつ明確に説明する必要がある。

人気ブログランキングへ
 



 日一部の輸出許可の動きにも... 「今の措置だけですべてのイロプジない"強攻
産業体質改善ドライブ続いている... 短期対策超え根本解決策模索



"言い訳をどのようにバクドゥン、日本の措置は、私たちの最高裁判所の強制徴用判決の経済報復です。" 

ムン・ジェイン大統領は8日、日本の対(對)韓国の輸出規制をもう一度「報復」と規定して不当な措置を撤回することを重ねて圧迫した。

同日、大統領府で緊急招集した国民経済諮問会議の冒頭発言を通じてだ。

日本が少しでも攻勢を「トーンダウン」することはないかという観測が一部で出ている時点であるが、このような流れにもドア大統領が対日強攻基調を維持した点が目を引く。

日本は前日「白国家」(ホワイトリスト)を除く実施細則を発表し、既存の3つの項目以外の規制項目を指定していないのに続いて、輸出規制の対象の3つの重要な素材品目のうちフォトレジストの韓国の輸出の申請1件を許可した。

これ業界では多少息抜きがトゥイヌンはないかという期待感も流れた。

しかし、日本の戦略的速度調節やかく乱作戦であるという懸念も同時に提起される状況である。

ドア大統領は「日本がこの事態をどこまで引っ張っていくかは、もう少し見守らなければならない」とし余地を置くようにしながらも、「今までした措置だけで両国の経済と両国国民にイロプジない。自由貿易秩序と国際分業構造の信頼を打破する措置として、全世界でも懸念を示している」と角を立てた。

今のところ、今回の事態の根本的責任が日本にあるという点と、これにより、世界経済が被害を見ることができる点を確実にすることが、日本を外交的解決の場に引き出す近道だと判断したわけだ。

ドア大統領が日本自らも打撃を塗ら「ブーメラン」になることを着実に強調することも同じ脈絡とみられる。

ドア大統領は「日本が一方的な貿易報復措置として得る利益が何であるか分からない。たとえ利益があっても、一時的なものに過ぎず、結局は日本自身を含めたすべての犠牲者になるの勝者ないゲーム」と強調した。

自国企業の被害を減らすためにも、早く不当な措置を撤回し、外交的解決の場として出て行けはメッセージとして解釈される。

ドア大統領はこれとは別にに対日交易依存度を減らし、国内産業の競争力を強化するなど、韓国経済全般にわたる体質改善努力を強調した。

ドア大統領は、「我々は、今回の事態を介して冷静に、私たちの経済を見て回って、私たちの経済の体質や産業生態系を改善し、新たに跳躍する契機にしてなければならない」と注文した。

単に短期の日本の輸出規制対策を見つけるためにのみ埋没されてはならず、今回の事態を踏み台に体質改善などを通じて経済大国に生まれ変わらなければならないというのがドア大統領の考えだ。

前日部品専門の中小企業SBBテックを訪問し、江蘇省の企業育成、大・中小企業相生、政府の技術開発フル・サポートなどを強調したことも、このような長期的な処方の重要性を浮き彫りにして歩みに解釈される。

人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ